アンガーマネジメントとは?3つの効果と職場での実践方法

近年、企業の研修によく取り入れられているアンガーマネジメント。職場の人間関係が良好になるだけでなく、業務の効率アップにもつながります。 今回はアンガーマネジメントで得られる効果や企業への導入方法、職場のストレス対策もご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

アンガーマネジメントとは?

最初に、アンガーマネジメントとは何かから解説していきましょう。

アンガーマネジメントはパワハラの予防・改善にも効果的だといわれていて、日本でも従業員の研修などに取り入れる企業が増えています。

アンガーマネジメントとは「怒り」をコントロールすること

「アンガーマネジメント」とは、自分の心の怒りの感情と向き合い、感情を上手にコントロールするための心理トレーニングのことです。もともと1970年代のアメリカで、DV当事者や軽犯罪者の矯正プログラムの一環として生み出された手法だといわれています。

習得には特別な技能や道具は必要なく、アンガーマネジメントは訓練次第で誰でも、簡単に習得できるのが魅力です。その有益性は広く認められ、一般企業の従業員研修などにも積極的に取り入れられるようになりました。

そもそも私たち人間が怒りの感情のまま行動してしまうことは、周囲の和やかな雰囲気を壊すなど大切な人間関係に亀裂が生じるリスクのある危険な行為です。これではお互いに連携することができず、職場の場合は業務の効率まで低下させます。

また怒りのまま振る舞うことは自分自身の評価を下げ、精神的、社会的に追い詰められることにもつながります。急激な血圧上昇やストレスの蓄積も招くため、心身の健康に悪影響をおよぼす可能性も否定できません。

だからこそ企業が重視すべきなのが、アンガーマネジメントです。従業員に自分の怒りと上手に付き合う手法を学ばせて、職場内のトラブルを未然に防ぎましょう。

人間が「怒り」を感じるメカニズム

怒りはネガティブな一次感情から引き起こされる、非常に強い二次感情です。

前兆となる一次感情は苛立ちや恐怖、不安、寂しさなどのネガティブな感情というだけで、悪いものではありません。しかし小さな感情が見逃され、周りから理解されないまま蓄積すると、些細なことをきっかけに怒りとなって爆発します。

周りから抑圧され、ため込むほどに怒りが爆発したときのエネルギーが強くなるため、早めにコントロール法を学びましょう。

目次へ

アンガーマネジメントがもたらす3つの効果

企業が従業員のアンガーマネジメントに取り組むことで得られるメリットを解説していきます。

企業発展につながる嬉しい効果も期待できるため、ぜひ前向きに導入を検討してください。

人間関係が良好になる

アンガーマネジメントを取り入れるメリットのひとつは、職場の人間関係が良くなることです。

職場にすぐに怒りを爆発させる社員がいれば、周りが萎縮し、コミュニケーションが取りづらくなるのは当然です。しかし怒りを制御することを学べば、職場の雰囲気を改善できます。

感情を制御することで他人との違いを受け入れられるようになれば、考えの異なる社員とのコミュニケーションも活性化して、良い循環が生まれるでしょう。

企業の生産性が向上する

企業の生産性が向上するのも、アンガーマネジメントの効果のひとつです。

怒りの感情を制御できていないと、自分自身が仕事に集中できなくなるだけでなく、周りにいる同僚や職場全体であなたの様子が気になり、落ち着きがなくなってしまうでしょう。

感情を制御できれば、職場全体がトラブルの心配もなく集中力を維持したまま業務に取り組むことができ、最終的には業績アップにつながります。

ストレスを軽減できる

怒りによるトラブルを防ぐことで、従業員のストレスを減らせるのもメリットのひとつでしょう。強い怒りの感情は、本人にも強いストレスを与えます。

怒りをムリに抑えつけることは、逆にストレスの蓄積を招くため好ましくありません。しかしアンガーマネジメントでは怒りと向き合うことに重点をおいているため、ストレス軽減に効果的です。

目次へ

今からでも始められる!アンガーマネジメントの実践方法

それでは、アンガーマネジメントの実践方法を紹介してきましょう。

アンガーマネジメントは短時間で行うことが可能です。社員教育などでぜひ取り入れてみてください。

6秒ルールを実践する

怒りの感情がわいたら6秒を頭の中でカウントして心を落ち着かせる、「6秒ルール」を実践しましょう。

怒りのピークは6秒間といわれていて、6秒間を乗り切れば、感情的にならずに対処できるようになります。怒りがおさまらない場合はいったんその場を離れて、怒りをやり過ごすのも効果的です。

怒りのスコア化を実践する

自分自身の怒りの度合いを、無の感情の0から最大の怒りの10段階にわけて、スコア化するのもおすすめです。点数化することで、目に見えない感情を客観的に評価しましょう。

怒りを冷静に評価することで心に余裕が生まれ、強い怒りもコントロールしやすくなります。

価値観を押し付けている自分に気づく

無意識に自分の価値観を周りに押し付けていないか、自分自身の怒りの原因にアプローチするのもアンガーマネジメントに効果的です。

イライラして怒りの感情を抑えられないときは、自分の意見が周りに理解されなかったことが原因であることが多く、自覚しないと怒りのコントロールはできません。

相手の状況に応じて、伝え方や対応を変えることを意識すると良いでしょう。自分の思いをわかりやすく伝える努力をすることで、感情のコントロールがしやすくなります。

目次へ

怒りをため込まないような職場環境も大切

アンガーマネジメントは良好な職場の人間関係を作り、生産性の向上に効果的です。大事な従業員の健康を守る効果も高いため、ぜひ社員研修などにアンガーマネジメントを取り入れてください。

怒りのコントロール法を習得する以外にも、従業員が怒りやストレスをため込まずに働ける、快適な職場作りをすることも大事です。企業として社内の環境を整備し、福利厚生を充実させましょう。

一口に福利厚生といっても、制度から施設に関するものまで、さまざまな手段があります。アンガーマネジメントのように怒りのコントロールを目的に取り入れるなら、職場の人間関係のストレスや仕事の疲れを癒やす、リフレッシュ効果があるものを選ぶと良いでしょう。

従業員の疲れを癒やし、穏やかな気持ちで仕事に取り組める福利厚生を探しているなら、タイムワールドの酸素カプセルにも目を向けてください。短時間の利用で誰でも気軽にリフレッシュできる酸素カプセルは、ストレスのない、快適な職場作りに貢献します。

酸素カプセルは高圧環境下で高濃度酸素を摂取する、今話題の健康器具。職場のちょっとしたスペースに設置できるため、福利厚生の一環でオフィスに導入する企業が増えています。

酸素カプセルの内部はリラックスでき、心を落ち着かせて怒りを静める空間としても最適です。短時間の利用でも心の疲れを癒やせるため、イライラや不満も収まり業務効率が向上します。

タイムワールドならサイズやモデルのバリエーションが豊富で、オフィスにぴったりのものが選べます。リーズナブルなレンタルプランで気軽にお試し導入ができるため、企業の福利厚生に最適です。

従業員が利用しやすい福利厚生を探している、働きやすいオフィス作りでお悩みなら、ぜひタイムワールドにご相談ください。

目次へ

まとめ

アンガーマネジメントは職場の良い人間関係を作り、企業の生産性アップにも効果的です。あわせて快適な職場環境作りにも取り組みましょう。

酸素カプセルなどの便利な機材も活用して、ストレスなく働けるよう職場を整備してください。

目次へ