人材の定着に効果的な方法を解説!社員が会社から離れる原因とは

優秀な人材を採用して教育したのに、早々に辞められてしまうのは困りものです。人材定着率を上げて、企業の発展につなげましょう。 今回は企業に人材が定着しない理由や、定着率を向上させる方法とポイントも解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

社員が会社から離れてしまう理由

最初に、企業に人材が定着しない理由を解説していきましょう。

社員が会社から離れてしまう理由はさまざまですが、仕方がないとあきらめるのは好ましくありません。仕事の進め方や姿勢を見直すことで、早期離職を防ぐことは充分可能です。

業務量が多すぎる

人材が企業に定着しない理由のひとつとして、過剰な業務量が挙げられます。

社員の作業ペースは個人差があるものの、一般的に、優秀な人ほど作業ペースが速い傾向があります。そのため、必然的に優秀な社員の元には多くの仕事が回ってくるため、一人当たりの業務量が過剰になりがちです。

また優秀な人ほど仕事のクオリティが高く、周りの期待が大きいのも困りものでしょう。重要な案件を任されやすいため心身ともに無理がかかり、疲労が蓄積し、健康を害するリスクもそれだけ高くなります。

自分とほかの社員との業務量に、質・量ともに偏りがあるのは、強い不満を作り出す原因です。上司が業務量の管理をおろそかにしていると、職場に対する不公平感が高まり、優秀な人材を早期退職へと向かわせます。

自分の意見が反映されない

人材が企業に定着しない理由として、自分の意見が反映されないことに対する失望感も無視できません。

基本的に仕事に対する意欲が強い人材は、革新的なアイデアも豊富です。こういった能力があるからこそ企業に必要とされ、採用されたことはいうまでもありません。

ですが社内の整備がきちんと整えられていないと、若手だから、経験がないからと、意見を一蹴されてしまいがちです。こうなると意見を出した側としては、職場から軽視されているという失望感が強くなって、その職場で働きたいという意欲を失ってしまいます。

また意見を尊重されないことで、自分が職場にとって不要だと思い込み、精神的に追い詰められる人も多いでしょう。仕事に対するモチベーションも維持できなくなり、退職を考え始めるのは無理もありません。

こういったトラブルは、ベテラン従業員層の影響力が強い職場ほど多いものの、これは企業の発展を阻害する危険な兆候です。自社が若手や新人の意見を取り入れられない状況に陥っていないか、経営者側としても常に目を光らせましょう。

目次へ

人材の定着を促すのに効果的な方法

人材の定着を促す施策や、効果的な方法を解説していきます。

優秀な人材が辞めたときに、仕方がないとあきらめることや、相手のほうに人間的な問題があると思い込むのは好ましくありません。企業側にも原因があるかもしれないという視点で、見直してみることが大切です。

職場の原因がわかったら、必要な部分を改善して、定着率向上を目指しましょう。

従業員のスキルに適した業務を与える

定着率の向上には、従業員のスキルに見合った業務を与えることが重要です。その人材を最も活かせる部署へ配属することが、企業にとっても業績アップにつながります。

そのためにも必要不可欠なのが、従業員の実態を把握し、理解することです。仕事に対する能力ややりたいことは、一人ひとりで違います。従業員を正しく理解したうえで、適性を見極め、配置を検討してください。

とはいえ、社内の事情で人事が希望通りにいかないこともあるでしょう。やむを得ない理由があるなら、従業員の希望や能力に見合わない配置は仕方がありません。

こういったケースでは、細やかなケアで早期離職を防いでください。定期的に従業員の様子をチェックし、適切なアドバイスをすることで、与えられた仕事を完遂できるように上司がサポートすることをおすすめします。

福利厚生を整える

人材が定着する魅力ある企業作りには、福利厚生を充実させるのも効果的です。従業員が真に何を求めているのかを見極めて、従業員に長く働き続けたいと思わせる、魅力的な職場を作りましょう。

育休・産休などの制度のほか、各種助成制度、オフィスの分煙や社員食堂を設けるなど、福利厚生にはさまざまやり方があります。働きやすい環境を作ることは従業員のモチベーションアップに、ひいては企業の生産性向上にも貢献します。

これから優秀な人材の定着を目的に対策を検討するなら、おすすめなのはタイムワールドの酸素カプセルです。

「酸素カプセル」とは、密閉された高圧環境下で高濃度の酸素を摂取する、最新の健康器具です。世界的なアスリートが試合の合間に活用していることでも有名で、最近はエステや病院などでも活用されています。

職場に酸素カプセルを導入する魅力は、従業員が気軽に仕事の疲れをリフレッシュできることでしょう。利用前に着替える必要はなく、毎日入っても副作用はほぼありません。

休憩時間などを使って短時間でもリラックスすれば、集中力やモチベーションのアップにもつながります。仕事が楽しくなるため、いま酸素カプセルを福利厚生の一環でオフィスに導入する企業が増えています。

設置スペースはとるものの、タイムワールドなら酸素カプセルの種類が豊富で、企業の使い方にあわせて商品を選ぶことが可能です。お得に導入できるレンタルプランもご用意しているため、お気軽にタイムワールドにご相談ください。

目次へ

人材の定着率を上げるためのポイント

最後に、企業の人材定着率を向上させるポイントや、注意点をご紹介していきます。

定着率向上を成功させる秘訣は、従業員に働くことのやりがいや喜びを実感させることです。設備や制度を充実させただけでは、こういった気持ちはなかなか長続きしません。

企業と従業員が一体となって意見を出しあい、環境を改善して、人材定着に有効な取り組みを始めてみてはいかがでしょうか。

会社のビジョンを共有する

人材の定着率を向上させるには、全従業員と会社の理念や目標、将来的なビジョンを共有することが効果的です。

社内報や掲示板などを使い、折に触れて企業の方向性や目標を従業員に示しましょう。企業のホームページを使うのもおすすめです。新しい人材を採用する際の、良いアピールにもなります。

企業のビジョンを共有することは、社員の一体感を高めます。その企業で働くことへの誇りや、帰属意識が生まれることで、早期離職を防ぐことができるでしょう。

従業員のやる気も生まれて、企業としての業績アップにもつながります。

誰もが意見を言える環境を作る

自由に意見を言うことができ、尊重される職場は、誰にとっても働きやすい理想の職場です。

特に人間関係のトラブルは、欠勤や離職を招く原因のひとつです。人材の定着率を向上させるためにも、従業員同士の円滑なコミュニケーションを活性化させましょう。

ランチ会やレクリエーションの開催、同好会の結成や、クラブ活動をサポートするのもおすすめです。若手でも提案ができる環境を提供することで、世代間の垣根を崩し、風通しの良い職場を作ることができます。

経営層と従業員が話せる機会も、積極的に作ると良いでしょう。コミュニケーション不足が解消されればお互いの理解がすすみ、信頼感も高まります。

従業員は安心して働くことができ、いままでは我慢してきたデリケートな問題も表面化しやすくなります。経営者側としても、将来のトラブルになりかねない従業員の不満を早期発見できるため、速やかに職場環境の改善に取り組むことができるでしょう。

目次へ

まとめ

これからの企業にとって、優秀な人材確保は必須です。企業や労働環境の見直しをすることで、人材の定着を図り、離職率低下を目指しましょう。

酸素カプセルなどの便利なアイテムも、ぜひ魅力ある職場作りに活用してください。

目次へ