自己管理できない人はすぐに直そう!自己管理が重要な理由

自己管理は仕事や日常生活などのあらゆる場面において、目標を達成するために欠かせない能力です。しかし、なかなか自己管理ができずに悩む方も多くいます。 今回は自己管理ができない人の特徴やデメリット、自己管理がしやすくなるポイントについてご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

自己管理ができていない人の特徴

自己管理とは、目標を立て、生活や行動を自分で管理する能力のことを指します。

自分では自己管理ができていると思っていても、知らないうちに周囲に迷惑をかけてしまっている場合もあります。自分の性格や特徴を理解していないと、適切な行動はできません。

ここでは、自己管理ができない人の特徴について解説します。

これからご紹介する特徴に自分が当てはまるところがないか、しっかりチェックしてみましょう。

時間にルーズ

約束の時間が守れない、遅刻が多いなど、時間にルーズな人は自己管理ができていないという印象をもたれます。

社会人として働くなら、時間を守ることはごく当たり前のことです。ビジネスにおいては時間を守らなかったことが原因で、信頼を失ってしまう可能性もあります。

体調管理ができない

自分の体調管理ができないことも、自己管理ができない人の典型的な特徴としてあげられます。

自分の健康を顧みない、暴飲暴食を繰り返しているようでは、仕事でもプライベートでも活動に支障が出てしまいます。

特に体調を崩してしまって出勤ができない、約束していたのに平気でドタキャンするようでは、周りの人からは信頼されません。

自分の健康を管理することは、自己管理に直結する重要な能力です。自分自身を大事にしない人は、他人を尊重して行動できない人間だと思われてしまいます。

感情のコントロールができない

自分自身の感情をコントロールできないことも、自己管理ができない人の特徴のひとつです。

社会人であれば集団の一人として、周りに配慮した行動が必要です。自分のイライラや悲しい気持ちが言葉や態度に出てしまっているようでは、周りを不快な気持ちにさせてしまいます。

負の感情が周囲から見てわかってしまう場合は、社会人としては「未熟な人」といった評価を受けやすくなるため、自分を不利益な状況に陥らせてしまうケースもあります。

目的が不明確

行動の目的が不明確でいまひとつ具体性に欠ける人も、自己管理ができないと判断されやすい傾向があります。

たとえば「もっと仕事ができるようになりたい」という目標があっても、具体的にどうすれば良いのか、明確なビジョンを立てていなければ、口先だけと判断されてしまいます。

ビジネスの場では、漠然とした目標を立てても意味がないといわざるを得ません。やる気があっても周りに流されてしまったり、挫折したりすることが多く、信頼できない人物として評価されがちです。

睡眠不足

睡眠不足の人も、自己管理ができない人と見られる可能性があるでしょう。

睡眠は常に健康でいるために欠かせない生活習慣で、睡眠時間が足りていないと、心身ともに生活にさまざまな支障が出ます。

たとえば睡眠不足になっていると、本来持っているパフォーマンスを仕事で発揮できません。また、睡眠不足が原因で体調を崩し、仕事を休めば周りに迷惑をかけてしまいます。

睡眠不足は自らを律することができず、体調管理が疎かになっている証拠でもあるため、自己管理ができていない人の特徴にあてはまります。

目次へ

自己管理ができていないとどうなる?

自己管理ができないことは、周りに迷惑をかけるだけではありません。自分を律する行動ができないリスクは、自分自身にも降りかかってくるので注意が必要です。

ここでは自己管理ができないと、どんなデメリットがあるのか解説していきましょう。

信用を失う

自己管理ができないことのリスクでまず挙げられるのは、周囲からの信頼を失うことです。

納期の遅れや約束を守らないというミスが頻繁に起こるようでは、お客様や取引先からの信用が得られず、職場としても安心して仕事を任せることはできません。

約束を守ることは、仕事・プライベートとも共通して重要視されるため、自己管理ができないことでさまざまなチャンスを失う可能性があります。

不健康になってしまう

自己管理ができないリスクのもうひとつは、不健康になってしまうことでしょう。

体調変化や睡眠の管理は、心身の健康維持に直結しています。睡眠不足を自分自身で改善できなければ、心身ともに疲労が蓄積され、体調を崩してしまいます。

具合が悪くなっても、病院へ行くのを後回しにしてしまう人もいるでしょう。しかし、体調不良を放置していると思わぬ病にかかっていたり、病気が知らぬ間に深刻化していたりと、重篤な状態に陥ってしまう可能性があります。

生活リズムが乱れる

自分自身の行動を管理することができないと、生活リズムが乱れる傾向があります。

就寝時間が一定しないことで睡眠不足になったり、食事をしっかり摂れなかったりと、生活が不規則になりがちです。

生活リズムが乱れると、体調にも悪影響が出やすいので注意が必要です。

目次へ

自己管理ができるようになるには?

最後に、自己管理ができるようになるポイントを紹介していきます。

自己管理能力は、日々の訓練で改善することが可能です。性格だけに依存する能力ではないため、欲求をコントロールできない自分を理解して、改善を目指しましょう。

自己管理する目的を明確にする

自分の生活や行動を管理しにくい場合は、なぜ自己管理をしなくてはいけないのか、目的を明確にすることから始めてください。

自己管理をしないと信用を失う、健康を害するなど、具体的なリスクを考えましょう。自己管理の必要性がよくわかり、欲求を抑えて自分をコントロールしやすくなります。

適度な運動

毎日の生活に適度な運動を取り入れると、自己管理がしやすくなるのでおすすめです。夜にランニングをするなど、ムリのない範囲で取り組める、軽い運動を試してみてください。

少しずつ毎日続ければ習慣化でき、自然と時間や体調の管理ができるようになります。運動はほどよく身体を疲れさせるので、寝つきの悪さや睡眠不足の改善にも役立ちます。

規則正しい生活をおくる

生活の乱れは自己管理ができていない証拠なので、努めて規則正しい生活を送ることも大切です。特に夜更かしはリスクが高いため、朝型人間の生活習慣に変えましょう。

早寝早起き、3食しっかり食事を摂ると、自然と体調管理や睡眠不足の解消ができるようになります。

やるべきことをリスト化する

忘れっぽい、意志が弱いことで自己管理ができない方は、やるべきことをリスト化すると良いでしょう。

その日にやることや目標をリストに書き出し、メモを目に付く場所に貼っておくだけでOKです。するべきことを日常的に確認することができるようになり、自然と自己管理への意識が高まります。

酸素カプセルでリフレッシュしよう

睡眠不足の改善や体調管理をスムーズにできるようになりたいなら、酸素カプセルを導入するのも選択肢のひとつです。

高気圧状態で身体の調子を整える酸素カプセルには、身体の疲れをリフレッシュできる効果が期待できます。活用すれば心身ともにリラックスすることができ、イライラやストレスを緩和させることにもつながるでしょう。

なかでもタイムワールドの酸素カプセルは種類が豊富で、お得なレンタルプランもあるため、気軽に導入することが可能です。

酸素カプセルは睡眠不足の解消にも役立ち、集中力の向上なども期待できます。上手に活用して、自己管理を改善していきましょう。

タイムワールドの酸素カプセルは、自己管理ができない自分をなんとかしたいという方にぴったりです。仕事の疲れをリフレッシュして体調管理に役立てたい方はぜひタイムワールドへご相談ください。

目次へ

まとめ

自己管理ができるようになれば、効率良く仕事を進められ、プライベートでもメリハリをつけて過ごせるため、充実した毎日を過ごせます。

日頃から自分自身をコントロールできるよう、まずは生活習慣を見直してみることから始めましょう。

目次へ