Keyword"取り組み"

福利厚生で社内環境を整えることは、企業の税金対策に効果的です。しかし、すべてが非課税対象ではありません。違いを理解して、上手に利用していきたいところです。 今回は福利厚生でできる税金対策と経費節約のポイントを解説していきます。

福利厚生

苦労して社員を育てても、優秀な社員に限って辞めるのが早いという悩みを抱える企業は多いでしょう。人材の流出は、業績悪化につながる由々しき事態です。 今回は優秀な社員が職場を辞める理由と、人材流出を防ぐ対処法を解説していきます。

企業の生産性向上を目指すうえで、従業員幸福度を把握することは重要です。働き方改革にもつながります。 今回は従業員満足度の定義や重要性、従業員幸福度を上げるためのポイントをご紹介していきます。

優秀な人材を採用して教育したのに、早々に辞められてしまうのは困りものです。人材定着率を上げて、企業の発展につなげましょう。 今回は企業に人材が定着しない理由や、定着率を向上させる方法とポイントも解説していきます。

福利厚生

健康経営の取り組みのなかでも、従業員の睡眠不足対策は重要です。睡眠不足を放置していると、企業に重大な損失がでてしまうかもしれません。 今回は従業員の睡眠不足が企業にもたらすリスクや、睡眠不足の対策をご紹介していきます。

健康経営の取り組みの一環として、健康経営オフィスを導入する企業が増えています。従業員の健康をサポートできるオフィスを作ることで、生産性の向上も期待できるでしょう。 今回は健康経営オフィスの趣旨や、取り組み事例、おすすめの対策を解説していきます。

企業の健康経営で成果を上げるコツは、ヘルスリテラシーを高めることです。自然と従業員の健康意識も向上するでしょう。 今回はヘルスリテラシーの重要性や企業で取り入れるメリットを解説しながら、向上させるためのポイントを解説していきます。

近頃、健康経営に取り組む企業が増えていますよね。しかし、これから導入を検討するなら、「ホワイト500」の取得を目指すことをおすすめします。 今回はホワイト500の概要や認定取得のメリット、認定申請の方法などについて詳しく解説していきます。

福利厚生

長時間のデスクワークは疲労や業務効率の低下を招くだけでなく、健康にも悪影響を与えるリスクがあります。大事な社員の健康を守るためにも、何とかしたいですよね。 今回は長時間のデスクワークの危険性や対処法、改善のポイントを解説していきます。

健康経営で業績をあげたくても、なかなか導入に踏み切れない企業は多いです。実際の事例を知って、社員の満足度があがるものを選びたいですね。 今回は健康経営の取組事例を紹介しながら、健康経営に成功する企業の共通点や導入のポイントを解説していきます。

福利厚生

健康経営や福利厚生に興味があっても、なかなか取り入れられなくて悩む企業は多いです。時流に乗って業績を伸ばすためにも、重要性をしっかり理解しておきましょう。 健康経営の必要性や福利厚生の取り入れ方を、事例を交えて説明していきます。

福利厚生

健康経営に取り組む際に、忘れてはいけないのが、女性従業員への対策です。女性特有の健康課題をクリアして、男女ともに働きやすい職場を目指しましょう。 健康経営における女性対策の重要性や、注意すべきポイントを詳しく解説していきます。

健康経営への取り組みは、企業の発展の重要な課題とされています。ただし、とりあえず導入すれば良いというわけではありません。 今回は健康経営の具体的事例を紹介しながら、導入の仕方や成功の秘訣などを解説していきます。

社員50人以上に増えた企業が気をつけなくてはいけないのが、ストレスマネジメント。企業の義務だと分かっていても、内容を詳しく知らないという人も多いです。 今回は社員へのストレスマネジメントの目的や、導入の仕方を詳しく解説していきます。

企業の福利厚生には、トレンドがあることを知っていましたか? 社員のモチベーションを向上させ、業績を伸ばすためにも、福利厚生の充実は必要不可欠です。 最近のトレンドや、おすすめの福利厚生もご紹介していきます。

福利厚生

最近、よく耳にする酸素カプセルですが機械的にはどのくらいの年数持つのでしょうか。福利厚生などの一環で会社に導入する場合は、耐用年数の確認が欠かせませんね。 今回は酸素カプセルの耐用年数を含めた選び方のポイントについて解説していきます。

働き方改革が進められ、社員の福利厚生や職場環境の改善について、より一層の企業努力が求められる時代になりました。さまざまな企業が社員に気持ちよく働いてもらうための工夫を行うなか、最近トレンドとなっているのが酸素カプセル。 酸素カプセルと聞くと、人が1人は入れるような小さなカプセルを想像する人が多いかもしれませんが、実は最近の酸素カプセルには、ボックス型のものもあり、休憩室や会議室として使うなど非常に使い勝手がよくなっているのです。 今回は酸素カプセルを会議室として使う方法とメリットについてご紹介します。

近年は中小企業を中心に、退職金をはじめとする福利厚生のない会社が少なくありません 。 経営者の立場から見ればコストが大きく、デメリットのように思える福利厚生ですが、大 局的に見るとメリットも多くあげられます。 デメリットなど福利厚生のない会社が抱える問題について、福利厚生の近年の動向ととも にご紹介します。

福利厚生

福利厚生の内容は、今や新卒や転職希望者が重視するポイントのひとつです。 近年は退職金制度や終身雇用の神話が崩れていることから、あるか分からない将来的な保障よりも、現在確実に得られるメリットを優先する人が少なくありません。 人材確保のためにも、既に在籍している優秀な人材に逃げられないためにも、福利厚生を見直すべきですが、気になるのが「どこまで提供するか」です。 今回は、福利厚生として会社はどこまで提供するべきか、人気と費用の2つの視点からご紹介します。

福利厚生

福利厚生は、法的に提供が定められているものと他に、各社で導入を決める独自のサービスも含まれます。 企業が福利厚生を導入するメリットは、人材の定着や新しい人材の確保などがあげられますが、節税に役立つ点も忘れてはなりません。 ただし、中には福利厚生費として計上できないサービスも存在するため、注意が必要です。ここでは福利厚生費について、節税効果が期待できるものと、そうでないものの違いをご紹介します。

福利厚生

企業における人材問題で、とくに危惧されているのが早期退職です。従業員が入社しても、早期退職をするケースが後を絶ちません。 従業員が定着しないことによって人材を育てられず、人手不足が慢性化します。経営問題につながるリスクもあるでしょう。この問題を解決する方法として、注目されているのが福利厚生です。 労働環境を改善するためには、欠かせない福利厚生。ここでは福利厚生によって、早期退職を防止する方法について解説します。

福利厚生

企業では自社の従業員に給料を支払うだけでなく、さまざまな福利厚生を実施しています。就職や転職の際には、給与水準だけでなく福利厚生を重視して決める人も少なくありません。そのため、企業によっては福利厚生に力を入れているところも多いです。ここでは企業が実施する福利厚生と、その福利厚生をアウトソーシングすることについて解説していきます。

福利厚生

人手不足や早期離職が問題になる中で、労働条件や制度を見直す企業が増えています。その中で、給与や賞与、休暇、就業時間など、従業員満足度を上げる取り組みが活発化しています。 とくに、従業員満足度に影響を与えているのが福利厚生です。従業員のモチベーションアップや企業イメージを改善するために、福利厚生による施策に関心が寄せられています。 ここでは、福利厚生によって従業員満足度を上げる方法を解説しながら、おすすめの福利厚生について紹介します。

福利厚生

近年、社員の健康は企業を経営する上で見過ごせない重要な課題となっています。実際に社員の不調に悩まされている企業が増加しているほどです。社員全員の健康を管理するには、どのような取り組みをすればいいのでしょうか。

福利厚生