Keyword"取り組み"

近年は中小企業を中心に、退職金をはじめとする福利厚生のない会社が少なくありません 。 経営者の立場から見ればコストが大きく、デメリットのように思える福利厚生ですが、大 局的に見るとメリットも多くあげられます。 デメリットなど福利厚生のない会社が抱える問題について、福利厚生の近年の動向ととも にご紹介します。

福利厚生

福利厚生の内容は、今や新卒や転職希望者が重視するポイントのひとつです。 近年は退職金制度や終身雇用の神話が崩れていることから、あるか分からない将来的な保障よりも、現在確実に得られるメリットを優先する人が少なくありません。 人材確保のためにも、既に在籍している優秀な人材に逃げられないためにも、福利厚生を見直すべきですが、気になるのが「どこまで提供するか」です。 今回は、福利厚生として会社はどこまで提供するべきか、人気と費用の2つの視点からご紹介します。

福利厚生

福利厚生は、法的に提供が定められているものと他に、各社で導入を決める独自のサービスも含まれます。 企業が福利厚生を導入するメリットは、人材の定着や新しい人材の確保などがあげられますが、節税に役立つ点も忘れてはなりません。 ただし、中には福利厚生費として計上できないサービスも存在するため、注意が必要です。ここでは福利厚生費について、節税効果が期待できるものと、そうでないものの違いをご紹介します。

福利厚生

企業における人材問題で、とくに危惧されているのが早期退職です。従業員が入社しても、早期退職をするケースが後を絶ちません。 従業員が定着しないことによって人材を育てられず、人手不足が慢性化します。経営問題につながるリスクもあるでしょう。この問題を解決する方法として、注目されているのが福利厚生です。 労働環境を改善するためには、欠かせない福利厚生。ここでは福利厚生によって、早期退職を防止する方法について解説します。

福利厚生

企業では自社の従業員に給料を支払うだけでなく、さまざまな福利厚生を実施しています。就職や転職の際には、給与水準だけでなく福利厚生を重視して決める人も少なくありません。そのため、企業によっては福利厚生に力を入れているところも多いです。ここでは企業が実施する福利厚生と、その福利厚生をアウトソーシングすることについて解説していきます。

福利厚生

人手不足や早期離職が問題になる中で、労働条件や制度を見直す企業が増えています。その中で、給与や賞与、休暇、就業時間など、従業員満足度を上げる取り組みが活発化しています。 とくに、従業員満足度に影響を与えているのが福利厚生です。従業員のモチベーションアップや企業イメージを改善するために、福利厚生による施策に関心が寄せられています。 ここでは、福利厚生によって従業員満足度を上げる方法を解説しながら、おすすめの福利厚生について紹介します。

福利厚生

近年、社員の健康は企業を経営する上で見過ごせない重要な課題となっています。実際に社員の不調に悩まされている企業が増加しているほどです。社員全員の健康を管理するには、どのような取り組みをすればいいのでしょうか。

福利厚生