酸素カプセルの耐用年数は?選び方の基準やおすすめメーカーも紹介

最近、よく耳にする酸素カプセルですが機械的にはどのくらいの年数持つのでしょうか。福利厚生などの一環で会社に導入する場合は、耐用年数の確認が欠かせませんね。 今回は酸素カプセルの耐用年数を含めた選び方のポイントについて解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

酸素カプセルの耐用年数について

酸素カプセルを導入しようと検討中の企業にとって、機材の耐用年数は気になるところです。

しかし、酸素カプセルの耐用年数は、メーカーや商品、酸素カプセルの種類によって異なります。メンテナンスの仕方によっても商品の寿命が左右されるため、酸素カプセルは製造技術で信頼性の高い、アフターサービスも万全のメーカーを選ぶとよいでしょう。

酸素カプセルは高気圧の状態で酸素濃度を高め、日頃の酸素不足による体の不調を改善する健康器具です。有名なアスリートやミュージシャンが、疲労回復や美容のために使っていることもあり、近年注目されつつありますが、大型で特殊な機能を備えた器具でもあることから、やはりお値段が高いのがネックです。

リーズナブルに酸素用カプセルを中古で購入することもできますが、使用頻度が高い企業には耐用年数の面からもあまりおすすめできません。酸素用カプセルには新品購入のほかレンタルやリースといった方法でも導入できるため、こちらを前向きに検討するといいでしょう。レンタルやリースは新品を購入するよりも初期費用を大幅にカットでき、導入しやすいのが魅力です。

リースとレンタルでは、契約期間の長さが違います。リースの場合は、6ヶ月から10年程度の中長期の貸し出しが対象となります。契約期間内の中途解約はできません。レンタルなら最短1日から短期利用ができるため導入しやすく、企業の酸素用カプセルのお試しにおすすめです。

リースやレンタル利用中に契約期間内に酸素カプセルに問題が起きた場合、無償でメンテナンスをする会社もあるので、検討する際には確認してみてください。

企業向け酸素用カプセルメーカーの中でも、弊社タイムワールドは安全・安心な酸素カプセルを提供しています。

タイムワールドは酸素カプセルの開発設計から、組立・製造までをトータルで行っています。医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格も取得しており、設置からメンテナンスまでワンストップで請け負っています。

企業の用途にあわせてリーズナブルに導入できるレンタルサービスも完備しているため、安心して導入いただけます。

目次へ

タイムワールドの酸素カプセルを導入するメリット

これから酸素カプセルの導入を検討する企業に、タイムワールドの酸素カプセルのメリットをご紹介します。

品質が良く、耐用年数の高さに定評をいただいています。人気の秘密は使い勝手の良さにあります。設計から製造までを一貫して手掛けるメーカーだからこそ、ユーザーの使い方に合わせて幅広い用途に使えますよ。

福利厚生として利用ができる

企業にとって酸素カプセルは、社員の福利厚生の一環として利用できます。企業にとって社員の健康を促進し、働きやすい環境を整えることは重要な義務。酸素カプセルで社員が日頃の疲れを癒して英気を養えば業務効率が良くなり、長い目でみて企業の業績成長にも繋がるでしょう。

一昔前は会社の福利厚生といえば、雇用保険や育児休暇などの実用的な制度を中心でしたが、最近は酸素カプセルのようなユニークなものも増えてきています。こういった珍しい福利厚生は企業の話題作りにもなり、イメージアップにも貢献します。

企業の話題性が高まれば、新卒や転職希望者の採用応募が増える嬉しい効果も。福利厚生目的の酸素カプセルの導入は、優れた人材を集めて企業が発展する良いきっかけにもなると期待がもたれています。

集中できる会議室として

酸素カプセルというと、人間一人が入れるくらいのコンパクトなものといったイメージがありますが、数人の社員が一度に使える大型のコンパーメント型もあります。こういった大型サイズの酸素カプセルは集中できる会議室として使うこともでき、酸素カプセルの使い方が広がるでしょう。

酸素カプセルの中のコンパクトでシンプルな空間は、気が散るのを防ぎ、集中したい重要な会議をするのに最適です。広い空間でも高気圧状態で酸素濃度を高めることができて頭も冴えて、労働生産性を高める会議ができますよ。

酸素カプセルを使った会議は話題性もあって、仲間との話が弾むのも良いところ。和やかな雰囲気で進行ができるため、取引先を招いての会議に使うのもおすすめです。

オフィスの空間演出に

酸素カプセルに、無機質な医療系用具のイメージを抱いていませんか?確かに一部のメーカーの商品はシンプルすぎてオフィスに置くと違和感がありますが、タイムワールドならカプセルの内装・外装とも自由にカスタマイズができ、オフィスの空間演出に酸素カプセルを活用できます。

例えば外装カラーを癒し効果の高い緑に変えれば、森林浴の気分で見た目にもリラックス効果が大。ドアなどのポンポイントに木目調を使えば雰囲気がやわらかくなって、オフィスの雰囲気がぐっとよくなりますよ。

タイムワールドは単なる酸素カプセルの製造・販売メーカーではありません。企業の規模や用途にあわせた導入の計画から、使い勝手が良くて業務の支障にならないレイアウトの提案、継続的なメンテナンスまでを相互的にマネジメント。オフィスの魅力ある空間作りをサポートします。

目次へ

酸素カプセルを選ぶ基準

ここでは、酸素カプセルの選び方の基準を紹介していきましょう。ボディの素材や剛性による違いで次の2種類に分けられます。それぞれの特徴やサイズなどを知っておけば、オフィスに無理なく置けるので、失敗もありません。

社員も利用しやすくなるため、メーカーのアドバイスも参考に、オフィスにぴったりの1台を選んでくださいね。

ハードタイプ

企業で導入する場合は、ハードタイプが適しています。ボディがアルミや鉄、強度の高いFRPなどで作られているため頑丈で、耐用年数の面でも万全です。酸素の漏れといったトラブルも少なく、従業員数の多い会社や使用頻度が高い企業でも長く愛用できるでしょう。

構造強度が高いだけに耳抜き支援などの付加機能や、テレビやエアコンなどのアメニティが充実しているのも魅力のひとつです。見た目も高級感があって社員が快適に使うことができますが、その一方で価格が高く、サイズも大きいのが困りものです。

ハードタイプは分解ができず、搬入しにくい面があります。購入前にパンフレットでサイズを確認して、設置スペースに合うか確認をしましょう。出入口が狭くて搬入できないケースも多いため、ドア回りのサイズを確実にチェックしておくことをおすすめします。

ソフトタイプ

アスリートが大会や遠征などにも持参して使っているほど軽量で、移動や設置が簡単なタイプです。ボディに塩化ビニルや特殊布、ラバーやシリコンなどの柔らかい素材が使われているため、折り畳んで持ち運べるのが特徴です。

ソフトタイプは比較的リーズナブルで、使わない時はコンパクトに畳んで収納できます。設置スペースに余裕の無い企業や、従業員数の少ない会社にもおすすめです。また、素材の特徴として見た目がソフトなので、お部屋の片隅に置いても違和感がありません。女性でも使いやすいと人気で、家庭用に購入する人もいます。

ソフトタイプも基本的に耐用年数が高く設計されていますが、構造的に窓やチャック部分からの酸素漏れが起きやすいため、必ずしも長いとは限りません。ソフトタイプは購入する前に開閉部分の構造を充分確認するとともに、信頼性の高い国産メーカーを選んでおくと安心ですね。

目次へ

まとめ

酸素カプセルの耐用年数はさまざまですが、信頼がおけるメーカーの商品の中から、使い方にあわせて選ぶことが大事です。

弊社タイムワールドは導入からレイアウトまで任せられるため、導入検討中なら一度ご相談ください。

目次へ