従業員の離職率を下げるには?定着率を上げる方法

離職率を下げるには福利厚生を充実させて、魅力ある職場作りから始めましょう。優秀な従業員がやめてしまうのは、企業にとって大きな痛手です。 今回は従業員が退職する理由を解説しながら、離職率を下げる対策をご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

【離職率が高い原因】従業員が退職してしまう主な理由

最初に多くの企業に共通する、従業員が退職してしまう主な理由を解説します。

従業員が職場に定着しない場合は、必ず原因があります。その原因を取り除いておかなければ、新しい従業員を採用しても結局は辞めてしまうかもしれません。

離職率を下げるには、根本からの改善が必要です。対策を進める前に、従業員がなぜ辞めてしまうのかを正しく理解することに努めてください。

給与など待遇や労働条件に不満がある

従業員が退職する理由で多いのは、給与などの待遇や労働条件に対する不満です。

どんなに好きな仕事でも、自分の働きに見合う給料が得られないのでは、転職を考えてしまうでしょう。

特に給与の額が業務内容に見合っていないという不満は深刻です。中小企業の場合は昇給基準や賃金規定が曖昧というケースが多く、待遇への不満から離職に踏み切る人は少なくありません。

また企業の慢性的な人手不足で長時間労働を強いられることも、離職につながる不満のひとつです。

好きな仕事で対価が得られるとしても、休みなく仕事をし続けることはできません。心身に負担がかかります。忙しくて休みが取りにくいケースも同様に、従業員を退職へと向かわせます。

業務に対して不満がある

与えられた業務内容に対する不満も、従業員が離職する原因として挙げられます。

業務の幅が少ないとルーティンワークになりがちで、仕事に喜びを感じられません。仕事は対価を得るための手段である一方で、やる気や生きがいのもとでもあります。仕事に対する興味を失ったことでモチベーションが低下し、転職を意識し始める人は多いです。

逆に、業務量が多過ぎるのも問題です。過剰な仕事量や能力に見合わない高度な仕事を押し付けられていると心身への負担が増大し、体の不調から離職せざるを得ないケースも散見されます。

会社の将来性に不安を感じる

会社の将来性に不安を感じることも、従業員が離職する理由のひとつです。

従業員が働くためには、企業との信頼感が必要です。しかし、会社のビジョンや方向性が見えない状態では不信感しか得られず、良い仕事ができません。

特に能力の高い優秀な人材ほどモチベーションの低下につながりやすく、離職を決意するケースは多いです。

そのほか、従業員の意見がとおりにくく風通しの悪いファミリー経営やワンマン経営、年功序列制度などの古い企業体質も従業員を失望させ、結果的に離職へと至らせてしまう場合があります。

目次へ

離職率を下げるための対策

それでは、企業の離職率を下げるための対策を紹介していきましょう。

従業員を職場に定着させて離職率を下げるには、企業の魅力を増やすことが大切です。従業員がなかなか定着しないと悩んでいるなら、ぜひチャレンジしてください。

従業員のモチベーションを高める

従業員の離職を防ぐためには、従業員のモチベーションを高める工夫をする必要があります。

離職の原因の多くは、企業や仕事に対する不満です。一人ひとりの業務量や休暇の取得日数などを正確に把握し、業務管理を徹底しましょう。過剰な業務集中を見直し、能力に見合った仕事の割り振りをすれば、従業員と良い信頼関係が築けます。

優秀な若い人材の離職が続くなら、現在の評価制度を見直すことも検討してください。

理想の評価は、誰もが納得できる、公平で透明性のあるものです。正当な評価を待遇に反映させれば、従業員が企業に失望することはありません。

正しく評価されて能力を認めてもらうことは、従業員のやる気を育てます。的確なフィードバック制度を作り、モチベーションを向上させることを意識してください。

インセンティブ制度の導入も、従業員のモチベーションアップに効果的です。

ストレスチェックを定期的に実施する

定期的にストレスチェックを実施することも、従業員のメンタルヘルス不調に気付くために効果的な方法のひとつです。厚生労働省より2015 年 12 月から、毎年1回ストレスチェックをすべての従業員に対して実施することが義務付けられています。

出典:ストレスチェック制度 導入マニュアル(厚生労働省)

職場に対する不満やストレスが蓄積するほど、仕事に対する意欲が失われていくでしょう。

あわせて面談も実施することでストレス状況を適切に把握し、早い段階から従業員の不満を解消できるように努めましょう。

また、管理者自身がマネジメントスキルを向上させることも非常に重要です。

上司が正しく部下の人事評価を行い、適材適所で仕事を割り振っていけば、従業員の不満も解消しやすくなるでしょう。管理職のマネジメントスキルは、従業員と企業が信頼関係を構築するのに欠かせません。

上司のマネジメントスキルの向上も、部下の離職率に大きな影響を及ぼします。従業員の不満が解消されて企業への信頼感が高まれば、仕事に集中して取り組むことができ、業績アップにつながるでしょう。

充実した福利厚生を提供する

充実した福利厚生を提供することで、従業員が抱える不満を解消するのも離職対策に良い方法です。

働きやすい職場環境を作ることは、従業員のやる気や企業への愛着心を育て、離職を防ぐことにつながります。福利厚生の見直しを定期的に行い、従業員にとって魅力のある職場を作りましょう。

一口に福利厚生といっても、住宅関係に育児関係、介護関係、生活支援関係、休暇・レジャー関係、健康関係など、企業が取り組める事業は多岐にわたります。

従業員の年齢層や時代によってもニーズが変わるため、福利厚生の見直しは従業員からアンケートを取り、意見を聞きながら進めると良いでしょう。従業員が利用しやすくなれば満足度も向上し、離職率を下げる効果が期待できます。

最近は健康や疲労回復に対する従業員の関心が高く、健康機材をオフィスに導入する企業も増えています。

なかでもタイムワールドの酸素カプセルは、離職対策の福利厚生に最適です。

酸素カプセルとは、高気圧環境下で高濃度酸素を体に取り入れる最新の健康器具。オフィスに導入して従業員が利用できるようにすれば、短時間で簡単に仕事の疲れを癒すことができます。やる気や仕事へのモチベーションをアップさせるのにもぴったりです。

また、カプセル型の密閉された空間はリラックスしやすく、仮眠室代わりにも使えます。

仮眠室も近年企業の福利厚生として人気ですが、酸素カプセルを使えば、費用をかけてオフィスのリフォームをする必要はありません。空きスペースに簡単に設置でき、すぐに従業員に快適な環境を提供できます。

酸素カプセルはまだ珍しく話題性も高いため、企業のブランディングにも役立ちます。オフィスに置くとインパクトがあり、福利厚生に熱心に取り組む企業であることの良いアピールにもなるでしょう。

タイムワールドなら一人用のカプセル型から会議室代わりにも使えるボックス型と酸素カプセルの種類が豊富で、企業の使い方にあわせて選べます。レンタル制度を活用すれば企業にとってさまざまなメリットを受けつつ導入できるため、従業員の離職率に悩んでいるなら、ぜひお気軽にタイムワールドへご相談ください。

目次へ

まとめ

企業の離職率を下げるにはちょっとした工夫が必要ではあるものの、そう難しいことではありません。ぜひ前向きに取り組んでみてください。

酸素カプセルも活用した魅力的な職場作りで、従業員の定着を図りましょう。

目次へ