福利厚生のカフェテリアプランとは?導入に向けてメリット・デメリットやメニュー例を知ろう

福利厚生は内容次第で従業員のモチベーションアップに貢献できるため、制度を見直す際は慎重に取り組みたいものです。福利厚生のなかでも、近年企業から注目を集めているのが「カフェテリアプラン」というサービスです。 今回は、福利厚生におけるカフェテリアプランの概要やメリット・デメリット、具体的なメニュー例もご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

福利厚生のカフェテリアプランとは

「カフェテリアプラン」とは、一言でいうと、ポイント制の選択型の福利厚生制度です。

カフェテリアプランという名前は、好きな食べ物や飲み物をメニューのなかから自由に選べる、「カフェテリア」に由来しています。

カフェテリアプランはまず、企業がさまざまな福利厚生サービスを用意し、従業員に対して一定期間内にポイントを付与することから始まります。従業員はポイントが溜まったら、既定の範囲内で好みの福利厚生サービスを選ぶという、いたってシンプルな制度です。

カフェテリアプランは企業の負担が少なく、従業員のニーズに合わせた福利厚生を提供できると高い評価を受けていて、導入する企業が増えています。

目次へ

カフェテリアプランを導入するメリット・デメリット

ここでは、福利厚生にカフェテリアプランを導入するメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

結論からいえば、カフェテリアプランにはデメリットもあるものの、それ以上に従業員、企業にとってもメリットが多い福利厚生です。従業員、企業にとっても利点は大きいため、利用価値は高いでしょう。

ただし福利厚生にはコストも手間もかかるため、ほかの企業が取り入れているから、評判が良いからと導入に踏み切るのは早計です。

導入を検討する際は自分の企業に合っているかどうか、カフェテリアプランのメリット・デメリットを確認しながら、慎重に見極めましょう。

メリット

福利厚生にカフェテリアプランを導入する最大のメリットは、従業員の満足度が高いことです。

一般的な福利厚生は内容が均一にならざるを得ず、必ずしも個々の従業員のニーズに沿っているとはいえません。従業員の年齢や家族構成、居住地によっては、使いにくい制度もあるでしょう。

しかし、カフェテリアプランならさまざまなサービスの中から、自分が自由に選ぶことができます。そのため従業員の誰もが、公平にサービスを利用することができます。

付与されたポイント内であれば、複数のサービスを組み合わせてカスタマイズすることも可能です。自分自身や家族のニーズに合わせやすいため、企業は従業員満足度が非常に高い福利厚生が提供できます。

従業員の満足度が高ければ、福利厚生制度の利用率も自然と向上します。これは企業にとって、大きな魅力でしょう。

さらにカフェテリアプランはポイント制なので、福利厚生費のコスト把握が簡単です。予算にあわせてサービスメニューを作り直し、独自色を出すこともできるため、企業も管理しやすいといえます。

デメリット

福利厚生にカフェテリアプランを導入するデメリットは、企業にとって手間やコストがかかることです。カフェテリアプランは、万能というわけではありません。

カフェテリアプランでは幅広い従業員のニーズに公平に答えるために、サービスのバリエーションを増やす必要があります。さらに従業員の要望は年々変わってくるため、常にサービス内容の見直しが必要で、そのぶん企業にとっては余計な手間がかるのは否めません。

またカフェテリアプランは予算管理がしやすいものの、定期的にサービス内容の見直しをしていくため、管理面でのコストが増大する可能性があります。

取り入れる福利厚生サービスの内容によっては、税務上の扱いが難しいものも散見されます。そのため新規にサービスを取り入れる場合は、課税対象になるかを今まで以上に手間暇をかけて精査する必要があり、これも企業の負担を増やす一因となっています。

目次へ

カフェテリアプランのメニュー例

福利厚生で導入されているカフェテリアプランの中で、代表的なメニューの一部を紹介します。

若い世代、シニア世代、子育世代など、人生のライフステージによって求められる福利厚生サービスはさまざまです。カフェテリアプランでは従業員のニーズにあった、自社のブランディンングにも役立つサービスを選ぶといいでしょう。

住宅関係

住宅関連のカフェテリアプランは従業員やその家族が安心して生活できることを目的としていて、家賃や住宅ローンの補助、引っ越し代金の補助など、さまざまな取り組みがあります。

誰もが利用しやすい内容なので、ポイントの使い道に困ったときの消費先としても役立ちます。

育児関係

育児関係のカフェテリアプランには、育児費用や育児用品の購入費用の補助、保育園・託児所利用の補助などがあります。

育児関連の福利厚生は、子育て世代にとって利用価値のあるサービスといえるでしょう。育児関連は従業員が働きやすい職場を作るためには重要視される福利厚生であり、これから新入社員を採用する際や女性管理職の登用を目指すときに役立ちます。

介護関係

介護関連のカフェテリアプランとしては、介護サービスや介護施設の利用費用の補助、介護用品購入費用の補助などがあります。

介護関連のサービスは需要があるものの、利用する従業員が限られがちです。ただし働きやすさを考えるうえでは重要な福利厚生であり、従業員の離職防止にも貢献します。

生活支援関係

社員食堂の利用補助や昼食代の補助など、社内で働くうえで欠かせない食事に関連した内容が多く、特に生活支援関係のカフェテリアプランは、多くの従業員から高い人気があります。

仕事のモチベーションアップや健康サポートにも役立つため、従業員の利用率も高く、企業の特長を出しやすいのも魅力でしょう。

休暇・レジャー関係

レジャーや余暇を楽しむことを、企業がサポートする福利厚生サービスです。社員旅行費用の補助やレジャー施設の使用料の補助、宿泊費の補助などの取り組みがあります。

休暇・レジャー関連のカフェテリアプランは従業員のモチベーションアップに役立つと人気で、休暇をとって英気を養うといった意味では、健康をサポートする効果も期待できます。

ただし内容によってはシニア世代が利用しにくいもの、住居地によって利用できずに不公平感を生むケースもあるため、内容は慎重に選ぶ必要があります。

健康関係

従業員の心身の健康をサポートすることは企業の義務であり、健康関連の福利厚生サービスは従業員の誰もが関心を持っているといえるでしょう。

カフェテリアプランの取り組みも、人間ドックの費用補助やマッサージ施設利用費用の補助、健康グッズの購入など多岐にわたります。新卒採用の際にも注目度が高く、企業の独自色を出しやすい分野でもあるため、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

タイムワールドの酸素カプセルなら従業員の健康増進をサポートでき、話題性もあって、企業の福利厚生におすすめです。

酸素カプセルは、高圧環境下で高濃度酸素を体に取り組む最新の健康器具。病院などでも使われていて、従業員のリフレッシュに役立つと、近年導入する企業が増えています。

酸素カプセルは密閉空間に入って短時間過ごすだけなので、使い方が簡単で、幅広い従業員層のニーズに対応しています。気軽に仕事の疲れをリセットできるため、企業の生産性の向上にも役立つでしょう。

タイムワールドなら酸素カプセルのモデルが豊富で、オフィスのスペースや使い方にあわせて活用できます。レンタルプランもあり、低コストで導入できるため、会社で新しい福利厚生サービスを検討しているなら、ぜひお気軽にタイムワールドへご相談ください。

目次へ

まとめ

福利厚生におけるカフェテリアプランはバリエーションが豊かで、サービスの組み合わせ次第で従業員のニーズを満たしやすいのが魅力的といえます。

しかし、管理面で企業に負担がかかってしまうこともあるので、取り入れる際は自分の企業で運用できるかどうかしっかり確認をしてから導入を検討しましょう。

目次へ