早期退職防止には福利厚生がカギ!福利厚生を充実させるためには?

企業における人材問題で、とくに危惧されているのが早期退職です。従業員が入社しても、早期退職をするケースが後を絶ちません。 従業員が定着しないことによって人材を育てられず、人手不足が慢性化します。経営問題につながるリスクもあるでしょう。この問題を解決する方法として、注目されているのが福利厚生です。 労働環境を改善するためには、欠かせない福利厚生。ここでは福利厚生によって、早期退職を防止する方法について解説します。


この記事は約6分で読み終わります。

従業員が早期退職すると企業に悪影響が

従業員が早期退職することで、企業活動によくない影響を与えてしまうことが考えられます。

単に、離職率が上がるだけではありません。実際に、どのようなマイナス効果が働いてしまうのか、具体的に説明します。

損失が大きい

早期退職でも問題視されているのが、新入社員の早期退職です。とくに3年以内で離職する従業員が、圧倒的に多数います。

厚生労働省の調査では、この20年間は大学卒で30%前後、短大卒で40%前後、高校卒で40%前後、中学卒で60%以上という水準を推移しています。

(参照:厚生労働省 学歴別就職後3年以内離職率の推移)

新入社員・若手社員が早期離職をすることは、大きな損失です。採用活動にかけた費用はもちろん、育成・教育・OJTにかけた費用や労力も無駄になってしまいます。

今まで支払ってきた給与・賞与、福利厚生、社内のノウハウや情報、スキルも損失をこうむります。マイナスは最低でも何十万円。場合によっては数百万円、数千万円の損失になる可能性もゼロではありません。

欠員が出れば、また新しい人材を採用する必要があります。再び採用活動から始めて、ふりだしに戻らなければなりません。

しかし売り手市場が続く昨今の中で、若手の人材を確保するのは、決して簡単なことではないでしょう。

企業のイメージが下がる

退職者が1人だけではなく、続出した場合が該当します。従業員が定着しない会社として、名前が浸透する恐れがあります。

人材が定着しない企業というイメージが一度ついてしまうと、払拭することは簡単ではありません。高い離職率には、「仕事をする環境や条件に問題があるのだろう」と、思われてしまうこともあります。

危惧すべきは、人が離れやすい会社だけではなく、人材が集まらない会社になる可能性です。離職問題によって、企業のイメージダウンを招いてしまうことが考えられます。

目次へ

従業員が定着する福利厚生とは

従業員の早期退職を解決するために、福利厚生が活用できます。働きやすい環境づくりに期待が寄せられる制度です。

従業員が定着する福利厚生とは、どのような制度なのかを説明します。

働きやすい環境が整備されている

従業員が職場を離れる原因の1つは、働きづらさです。快適に働ける環境を作っていくためには、福利厚生を整備しておくことが重要です。従業員にとってメリットのある福利厚生が導入されると、どのような効果をもたらすのか、以下の3つのポイントから見てみましょう。

  • ・コミュニケーションの活発化

従業員同士のコミュニティが活性化して、人間関係が良くなります。たとえばランチや飲み会の食費補助、部活などの活動費補助が活かせます。

  • ・作業効率が図れる

業務の効率や生産性が落ちるのは、リフレッシュできる余裕がない環境に問題があります。仮眠室や休憩室、カフェテリアの設置、オフィスマッサージ・整体の利用によって、睡眠不足解消や疲労回復が可能です。

  • ・プライベートと仕事を両立させやすい

ワークライフバランスを実現するのが福利厚生です。プライベートの時間を確保できる制度が充実しています。フレックスタイム制や在宅・リモートワークによって従業員が希望する働き方を、柔軟に叶えます。

モチベーションを持ちやすい

従業員が定着したくなる会社は、やる気のある社員が活躍しています。モチベーションを上げるためにも、福利厚生は一役買っています。

  • ・自発的に勉強できる環境が整っている

従業員が興味のあるセミナーや研修、通信教育の受講料、さらには書籍・教材の購入費用を負担する制度によって、自主的に知識やノウハウを身につけます。

  • ・資格の支援制度がある

資格の支援制度は、従業員の成長を後押しします。とくに難易度の高い国家資格や合格率の低い専門的な試験は、緻密な目標設定・行動計画をしなければなりません。惜しみない努力を、社員が行うようになるでしょう。

  • ・キャリアアップが見込める

新入社員から中堅、マネージャー、経営トップへのキャリアアップをするために、従業員がチャレンジできるようにします。実務内容に応じた研修や教育プログラム、資格支援を用意することで、福利厚生を活かすことができます。

目次へ

福利厚生で従業員の早期退職を防ぐためには

従業員の早期退職を防ぐためには、ただ福利厚生を導入するだけでは意味がありません。企業に最適化された福利厚生を活かす必要があります。

各企業の状況に合わせて、早期退職を防ぐ方法を解説します。

従業員のニーズを汲み取る

第一にすべきことは、早期退職の原因を突き止めることです。従業員から、仕事をする環境・条件に対する不満、あるいは希望を聞いてみましょう。

たとえば人間関係や休暇制度、労働時間など、さまざまな問題が上がってくるでしょう。ヒアリングによって集まった声こそが、企業が解決すべき課題です。企業の今後を左右する貴重な意見として受け取りましょう。

従業員のニーズを読み取ったうえで、課題を改善するための福利厚生を導入して行きます。ここ数年で、よくある悩みが健康に関する問題です。

肩こりや腰痛、眼精疲労、視力低下、冷え性、慢性的な疲れ、頭痛、睡眠不足などで不調を訴える人は少なくありません。これらの問題の原因として、酸素不足があげられます。

この課題を解決する方法の一つとして、酸素カプセルが挙げられます。酸素不足状態で疲れた現代人をケアできる健康機器として注目されています。

タイムワールド』の提供している酸素カプセルは、疲労回復や集中力をアップさせることが期待できます。

弊社が提供する最先端の酸素カプセルは、福利厚生として導入できます。今までも、多数の企業で設置実績を積んできました。

酸素カプセルサロンに通う人も少なくありません。店舗に足を運ぶことなく、社内で酸素カプセルを利用できるので、従業員から喜ばれています。

疲労回復や集中力アップ、睡眠不足解消、眼精疲労、腰痛、肩こり対策として、酸素カプセルをご検討ください。

組織一体となって労働環境の改善を図る

福利厚生は有効的ではありますが、単なる制度です。運用をするのは、あくまでも人と組織です。いかに管理職や経営層が経営課題に対して、危機感を持っているかが鍵を握ります。

早期退社を防ぐためには、経営トップが、すぐに辞める若手・新人社員の悩みや不安に寄り添わなければなりません。組織が一丸となって、定着したい職場づくりを目指しましょう。

そのためには人と人との関係、つながりを強化することです。対策としては、ランチや飲み会、交流会、勉強会を通して、従業員のコミュニケーションの機会を増やすことがあげられます。

また部署間の垣根をなくコミュニケーションできるように、風通しの良い職場に変えていきましょう。社内SNSの活用や、オフィスのインテリア・レイアウト変更によって、横断しやすい環境を簡単につくることができます。

目次へ

まとめ

福利厚生で早期退職を防ぐための方法について紹介してきました。人が辞めない組織、定着率の高い会社にするためには、まず従業員が離れる原因を、ヒアリングによって解明することです。

目次へ