働き方改革の成功には「健康経営」が欠かせない!その理由とは?

政府が推奨する働き方改革と健康経営は、セットで考える必要があります。協調して進めることで、スムーズに企業の発展につなげましょう。 こちらでは働き方改革との関係や健康経営のメリット、効果的な進め方をご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

働き方改革と健康経営は切り離せない関係にある

最初に、働き方改革と健康経営の関係を解説していきましょう。

働き方改革と健康経営は全くの別物でも、どちらも従業員が安心して働ける労働環境を作るという共通点があります。ばらばらではなく、セットで進めていきましょう。かぶる部分を省けば無駄が減り、効率が良くなって、満足のいく成果が得られますよ。

働き方改革だけでは解決できないことがある

働き方改革と健康経営をセットで考えるべきなのは、働き方改革だけでは問題の解決ができないことがあるからです。働き方改革は健康経営と並行して進めることで満足のいく結果が得られ、改善した制度などもうまく機能するようになります。

そもそも「働き方改革」とは、従来の労働環境を見直して、従業員一人ひとりの事情に応じた、自由で多様な働き方を選択できるように改善することをいいます。日本ではもともと労働時間が長いことや、少子高齢化による労働者不足が問題視されてきました。これを改善して、子育て中の女性なども働きやすくするために推奨されているのが、働き方改革です。

しかし、単純に長時間労働の是正や残業の短縮をしても、問題は解決しません。仕事量が多いのに労働時間を減らせば、そのぶんしわ寄せがくるのは当然です。従業員の業務負担が増え、そのストレスから、従業員の心身の不調を引き起こす可能性さえあります。

従業員は企業を支える礎です。いくら労働時間を短くして働きやすくなっても、健康を害して働けなくなってしまっては元も子もありません。働き方改革を成功に導くには、従業員の健康を意識して対策を進めていく必要があります。

働きやすさを実現するためには「健康経営」が欠かせない

働き方改革で起こりがちな、従業員の健康リスクを改善できるのが、健康経営の取り組みです。

健康経営とは、従業員を企業にとっての財産として捉え、企業が従業員の心身の健康管理に積極的に取り組むことで、生産性の向上を目指す経営戦略のことを指します。社員一人ひとりの健康を確保するように取り組むことは、働きやすさにもつながりますよね。

そもそも健康経営では、仕事のパフォーマンスを維持し、企業の生産性を向上させるには、従業員が健康でいることが欠かせないという考え方をしています、そのため働き方改革のようなしわ寄せが従業員にいくことはなく、スムーズに労働環境を良い方向に改善することが可能です。

働き方改革には、健康経営の取り組みが必要不可欠だといえるでしょう。

目次へ

健康経営によって会社にどんな影響がもたらされるのか

企業が健康経営に取り組むメリットを、詳しくご紹介していきます。

健康経営は従業員にばかりに利益があると思われがちですが、実はそうではありません。企業にとってこそメリットがあり、働き方改革の実現にも役立つことをしっかり理解しておきましょう。

社員のモチベーション向上

健康経営が企業にもたらす最大のメリットは、社員のモチベーションが向上することです。

健康で、何の不安もなく働ける職場なら、従業員は安心して働けます。心身が充実し、意欲をもって仕事に取り組むことで、最大のパフォーマンスが発揮でき、企業の業績アップにつながるでしょう。

病気による休職者や退職者が減ることで、職場全体の風通しが良くなるのも魅力のひとつです。一人ひとりが生き生きと働けることで、良いアイデアや新製品が生まれるでしょう。業務のパフォーマンスが安定すると、企業の持続的な発展も期待できます。

人材の定着率が上がる

人材の定着率が向上することも、健康経営のメリットのひとつです。

健康を気にせず、安心して働けるオフィスは、誰にとっても理想の職場です。企業が従業員を大切にする姿勢を示すことで、体調を壊して離職する人が減り、さらに職場全体の業務効率が向上して働きやすくなるという良い循環が生まれますよ。

従業員の健康に配意した良心的な職場であることは、企業の知名度を上げ、イメージアップに効果的です。企業の知名度が高まれば、投資者や取引数が増え、安定した業績向上につながります。

企業のイメージアップができれば、採用活動でも多くの優秀な人材が自然と集まってきて、企業の持続的な発展につながることはいうまでもありません。健康管理は事業規模が小さい、中小企業にこそおすすめの戦略です。

目次へ

働き方改革と健康経営をセットで行うには?

働き方改革と健康経営をセットで、並行して行っていくポイントを解説していきましょう。

健康経営はやみくもに導入しても、良い効果は得られません。テーマを決めて働き方改革の取り組みと協調しながら、最大限の効果を上げる工夫をすることが大事です。

現状の取り組みを把握する

働き方改革と健康経営をセットで進めていくなら、最初にそれぞれの取り組みの現状を把握することをおすすめします。現在の制度でも従業員が健康的な生活は送れるか、今後取り組めそうな対策があるかも分析しましょう。

健康経営の取り組みは多岐にわたりますが、従業員に利用されてこそ効果を発揮します。従業員の年齢層やターゲット層によっては、利用しにくいものもあるため、利用率も含めて現状を把握してください。

現状の取り組みで効果が上がっているかは、従業員の健康状態をチェックしていけば、ある程度把握することが可能です。定期的な健康診断やメンタルヘルス対策などの機会を利用して、従業員の健康を心と体の両面で、継続して確認していきましょう。

社内でヘルスリテラシーの向上に努める

働き方改革とセットで行うには、従業員のヘルスリテラシーを向上させる必要があります。従業員の健康管理は今や企業の義務ですが、いくら企業側が頑張っても、従業員が自分の健康に無頓着では効果が上がりません。

定期的に健康経営に関する研修や、食事や運動に関するセミナ―などを開催して、従業員の関心を自分の健康に向けさせましょう。従業員の一人ひとりが健康意識を高めていくことを、企業がサポートをすることが大事です。

従業員のヘルスリテラシーの向上には、フィットネスの利用補助やトレーニング機器の設置など、さまざまなやり方があります。なかでもおすすめなのは、オフィスへの酸素カプセルの導入です。

酸素カプセルとは、高圧環境下で高濃度の酸素を摂取する、最新の健康器具です。世界的なアスリートが、試合の合間のリフレッシュに利用していることでも有名です。酸素カプセルは誰でも気軽に利用でき、短時間でのリフレッシュが見込めるため、従業員の健康サポートの目的で、オフィスに導入する企業が増えています。

酸素カプセルの魅力は、しっかりとリフレッシュすることで業務効率が上がることはもちろんのこと、ユニークで話題性があることです。オフィスに置くとインパクトがあり、働き方改革や健康経営に取り組む企業であることを周りに示す、良いアピールになりますよ。

タイムワールドならカプセル型から多目的に使えるルーム型まで、酸素カプセルの種類が豊富で、オフィスのスペースや使い方にあわせて、使いやすい商品を選べます。初期費用を抑えて導入できるレンタルプランもあるため、働き方改革とセットで進めていく健康経営の取り組みを探しているなら、一度タイムワールドに相談してみてはいかがでしょうか。

目次へ

まとめ

働き方改革と健康経営は、セットで取り組むことが大事です。ふたつの対策を強調して進めることで、良い成果が得られますよ。

必要に応じて酸素カプセルの導入も検討しながら、従業員が健康で働ける職場作りを心掛けるといいでしょう。

目次へ