福利厚生の充実が従業員満足度につながる!おすすめの福利厚生は?

人手不足や早期離職が問題になる中で、労働条件や制度を見直す企業が増えています。その中で、給与や賞与、休暇、就業時間など、従業員満足度を上げる取り組みが活発化しています。 とくに、従業員満足度に影響を与えているのが福利厚生です。従業員のモチベーションアップや企業イメージを改善するために、福利厚生による施策に関心が寄せられています。 ここでは、福利厚生によって従業員満足度を上げる方法を解説しながら、おすすめの福利厚生について紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

従業員満足度の向上が重要な理由

会社や仕事に対する社員の満足度を計る、従業員満足度。

昨今、なぜ従業員満足度が企業活動において重視されるようになったのでしょうか。従業員満足度を上げることが重要な理由について解説します。

従業員のモチベーションがアップする

従業員満足度は、従業員のやる気を左右します。仕事をする環境や条件が改善されることによって、以下の3つのポイントがあれば、モチベーションが上がりやすくなります。

1.従業員が自発的に仕事に取り組む

やる気が見られない従業員は、仕事に自主性がありません。上司や会社から指示された業務を、最低限だけ遂行します。しかし従業員満足度が高くなれば、自ら取り組むようになります。

新商品の企画から後輩社員の育成まで、貢献度の高い仕事を期待することができます。

2.生産性が向上する

勤務時間内で、いかに効率的な業務ができるかは大変重要です。たとえば、2時間かかっていた書類の作成業務を1時間に短縮をするなどの工夫が見られるようになります。

自分だけではなく、組織運営において無駄になっていた動きを見直すでしょう。

3.会社の業績アップにつながる

従業員満足度の高い社員によって、質の高い商品や接客サービスを顧客に提供できるようになります。会社から大切に扱われている従業員は、顧客に対しても同じように対応するからです。

このような好循環によって業績がアップします。

人材が定着しやすくなる

人材が離職せず定着しやすくなることも、以下のポイントから期待することができます。

  • ・1.離職率を低下させる

他社よりも働きやすい環境であれば、離職をする必要がありません。とくに若手従業員による早期退職や、優秀な人材の流出を防ぐことができます。

  • ・2.優秀な人材が集まる

従業員満足度の高い企業は、世間の評判やイメージが良くなります。情報に敏感な優れた人材が、他社から集まりやすくなるでしょう。

経営者の視点に立って仕事ができる人材や、専門的な技術や知識が豊富な社員を獲得できます。

  • ・3.採用コストを減らせる

人材の流出を防いで、人が集まる仕組みができれば、採用コストを一気に抑えることができます。従業員が定着せず、採用活動をしても人材が集まらない悪循環を断ち切ることが可能です。

目次へ

福利厚生で従業員のモチベーションを上げるには

従業員のモチベーションアップに活用したいのが、福利厚生です。

福利厚生によって従業員満足度を上げるためには、「どうすれば良いか」は課題です。現在、企業が抱える問題点を把握して対策を行うことが大切です。

従業員の声を聞く

課題を見つける方法は2つあげられます。

1つは従業員の声を聞き取る方法です。声は、プラス面とマイナス面から集められます。従業員がどんなことに不満を抱いているのか、叶えてもらいたい希望が何かです。

たとえば残業や休日の取得、就業時間、社員食堂など、どのようなことでも構いません。人事部の担当者や直属の上司からのヒアリングや、紙面・メールによるアンケート調査などを実施します。

従業員から、厳しい声もあるかもしれません。しかし従業員満足度を上げるためには、当人たちの悩みを真摯に受け止めて理解を示すようにしましょう。

会社の課題を把握する

2つ目は、担当者・経営トップが自社の課題をピックアップする方法です。

会社の予算や業績、事業状況から、どのような課題があるか把握してみましょう。従業員のモチベーションを下げている原因がどこにあるのかを探ってみます。

たとえば、ハードな業務が続き従業員に疲労が溜まっているかもしれません。寝不足が続いて体力を回復できずに、やる気が上がらないケースも考えられます。

その場合は、会社全体から現場レベルの課題に根本的に向き合わなければなりません。問題を解決するためには、どのような制度を導入すれば効果的であるのか、経営層も巻き込んで福利厚生の導入を検討して行きましょう。

目次へ

従業員満足度が高い福利厚生の種類

どのような福利厚生が、企業の抱える課題を解決できるのでしょうか。福利厚生といっても、社会保険や家族手当、社員旅行などがあります。

とくに従業満足度が高い福利厚生の種類について紹介します。

住宅手当

従業員からの、ニーズがとくに高い福利厚生が住宅手当です。住宅手当には、住宅ローンの一部負担、家賃補助、借り上げの社宅・マンション、社員寮などが該当します。

住宅手当が支持される理由は、従業員の生活が安定するためです。とくに手取り収入の少ない新入社員や、家族を支える従業員にとって、経済的な不安が払拭されるでしょう。そうすることで、業務に集中してもらうことができます。

注意すべきは、税務上では給与扱いになる点です。課税対象となるので所得税が増えることになります。

食事補助

昼食・飲食代の補助や、食堂での食事提供といった食事補助も、人気を集めている福利厚生です。最近では、お洒落な社内カフェテリアや宅配弁当、コンビニエンスストアや飲食店の割引クーポンも提供されています。

このような食事補助は、従業員の食事代の節約になるだけではありません。栄養バランスの取れた食事を提供することで、健康管理につながります。

栄養が偏った食生活や、運動不足になっている従業員も少なくないでしょう。生活習慣病を防いで、健康な体づくりを維持することができます。

また、従業員同士が食事をする環境を整えることで、コミュニケーションも活性化します。午後からの仕事に気持ちを切り換えられる機会にもなるでしょう。

ヘルスケア

従業員の健康管理をサポートする福利厚生です。一般的には、健康診断の実施があげられます。しかし、ヘルスケアの福利厚生は、ほかにも多数あります。

ジム・フィットネスクラブの利用料負担や仮眠室・宿直室、シャワー室、浴室の設置、オフィス専門のマッサージ、整体など。疲れた体を休めて、リフレッシュさせるための福利厚生が充実しています。

弊社タイムワールドでは、国産製造の酸素カプセルを扱っており、酸素不足状態の現代人をケアすることができます。

多数の企業で設置実績のある酸素カプセル。疲労回復や集中力アップ、睡眠不足解消、目・肩・腰のリフレッシュのために、酸素カプセルの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

従業員の健康向上だけではなく、社外からの話題性も高くなります。

目次へ

まとめ

福利厚生によって、従業員満足度を上げる方法について解説しました。福利厚生を取り入れる前に、従業員の不満や期待を把握しなければなりません。

とくに近年は、健康面に関する課題が指摘されています。疲労回復・睡眠不足解消のためには、ヘルスケアに関する福利厚生が効果的です。健康な体づくりによって、パフォーマンスの高い仕事をすることができます。

従業員満足度を上げるために、酸素カプセルの導入を福利厚生として検討してみてください。冷え性やむくみ、眼精疲労などの悩みを抱える従業員の強い味方となるでしょう。

目次へ