優秀な人材が辞める原因はコレ!人材流出を防ぐには?

苦労して社員を育てても、優秀な社員に限って辞めるのが早いという悩みを抱える企業は多いでしょう。人材の流出は、業績悪化につながる由々しき事態です。 今回は優秀な社員が職場を辞める理由と、人材流出を防ぐ対処法を解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

優秀な人材が辞めてしまうのはなぜか?

最初に、優秀な社員が辞めるのはなぜか、その理由を解説していきます。

社員が仕事を辞めるのには、さまざまな理由があります。なかには家庭の事情や健康上の理由など、やむを得ない退職もあるでしょう。

ですが、優秀な人材ばかりが連続して辞めてしまう場合は、企業側に何らかの原因があると考えたほうが無難です。これからご紹介する、優秀な人が抱え込みがちな次の理由を参考に、従業員の様子をチェックしてみてください。

評価に不満がある

優秀な人材が辞める理由としては、まず、上司や職場からの評価に不満があることがあげられます。

優秀な人材は能力が高く、仕事への意欲が旺盛です。仕事のクオリティが高く、新人であっても良い業績を打ち出しますが、年功序列に従った評価をする企業や、一貫した評価制度をもたない職場では、成果に見合った評価を受けることができません。

これは若く、自信に満ち溢れた人にとっては理不尽な経験です。そもそも優秀な人は、自己評価も高い傾向があります。

正当な評価を受けられない不満や不平等感は、職場や企業への失望に変わり、仕事を辞めるという決心に向かわせます。

会社のビジョンや方向性が見えない

入社はしたものの、会社のビジョンや方向性が見えないことに失望し、企業に魅力を感じなくなったというのも、人材流出に多い理由のひとつでしょう。

一般的に優秀な人材は企業や仕事に求める理想が高く、希望をもって入社してきます。だからこそ入社後に会社のビジョンや方向性に触れる機会がなく、右から左へ流す目先の業務だけを与えられていると、目的を見失ってしまい、就業意欲が低下しがちです。

また実際に入社して働くうちに会社の実態を知り、企業の理念や目的などにギャップを感じて転職を目指す社員も多いでしょう。優秀な人は自分の能力に自信があるため、共感できない、つまらない職場で働くのを嫌います。

そのため、自分の能力を活かせる別の企業に気持ちが向くのも早いといえます。

成長できる機会が少ない

ある程度の仕事の経験を積んだことで、より大きな成長を求めて転職を希望する社員も多いです。

いま、旧態依然の終身雇用制は崩壊していて、優秀な人ほど自分自身のキャリア形成に熱心です。初めから次のステップアップのために入社する人もいれば、新しいことにチャレンジできる機会が少ない職場に失望して転職を目指す社員もいて、さまざまでしょう。

与えられている仕事に裁量権が少なく、自分の能力が生かされていないという不満も、転職を選ぶ動機のひとつです。能力の高い人は仕事の理解や習熟も早いため、他の従業員とともに画一的な扱いをされていると、企業に魅力を感じなくなってしまいます。

業務量が多すぎる

業務量が多すぎて、心身ともに負担が大きいのも、優秀な人材が早く辞めてしまう理由のひとつです。

そもそも優秀な人は仕事の処理スピードが速く、効率良く業務をこなせます。これは企業にとって大きなメリットですが、その反面で、能力が高いがゆえに優秀な人に業務が集中しがちです。

また仕事のクオリティが高いために重要な案件を任されることが多く、負担感が大きいのも困りものでしょう。仕事を十分にこなせても、他の同僚と比べて自分だけが業務量が多いのでは、不満が溜まる一方です。

特に上司がきちんと従業員の業務分担を管理していないと職場への失望は大きく、仕事への意欲を失ってしまいます。

目次へ

優秀な人材が辞めてしまう会社の特徴

ここでは、優秀な社員が辞めてしまう企業の特徴を解説していきます。

社員が辞めてしまったら、また採用すれば良いと考えるのは、好ましいことではありません。人事採用には手間もコストもかかります。企業がすべきは、優秀な人材が流出するのを防ぐことです。

これからご紹介する特徴に思い当たる点がある場合は、もう一度、職場内の運用を見直すことをおすすめします。

評価制度が上手く運用されていない

従業員を評価する制度がうまく運用されていない企業では、優秀な人材が早く辞めてしまう傾向があります。

評価は給与や待遇も左右する、大事な制度です。評価の仕方が明確化されていないために時々によって変わる、評価する基準に恣意的な偏りがあると、優秀な人ほど成果が反映されません。

職場への失望と企業への不信感が募って、早々に職場に見切りをつけてしまいます。

保守的である

保守的で、古い考え方をする企業も、優秀な人材が流出しやすい企業の特徴のひとつです。

企業戦略は時々刻々と変化するものの、従来の考え方やシステムに固執している職場は、新しい意見を取り入れることができません。優秀な人なら、企業に将来性がないと判断してしまうでしょう。

チャレンジ精神に満ち溢れている人でも、職場で意見を否定されるのは悲しいことです。自分が企業に必要とされていないというネガティブな気持ちになり、転職へ向かわせます。

目次へ

優秀な人材が離れてしまう前に会社がするべきこと

最後に、優秀な社員が辞めるのを防ぐための対処法をご紹介していきましょう。

社員が辞めてしまうことを、仕方がないこととあきらめてはいけません。人事採用には、多くの時間と手間、コストがかかっています。

人材の流出は、企業が対策をとることで予防が可能です。ぜひチャレンジしてください。

評価制度を見直す

優秀な人材が辞めるのを防ぐためにも、評価制度を見直すと良いでしょう。

職場の評価制度で大事なのは、透明性の確保です。誰もが納得する評価をすれば、社員が企業に失望したり、不信感を抱いたりすることを避けることができます。

また正当に評価されることで社員のやる気も生まれるため、企業の生産性が向上する嬉しい効果も期待できます。

多様なキャリアプランを用意する

職場内に多彩なキャリアプランを用意することも、優秀な人材の流出防止に効果的です。

単一的ではなく、多様なキャリアプランがあればチャレンジ精神を刺激され、目標をもって仕事に取り組めます。従業員の仕事に対するモチベーションアップにもつながります。

職場への満足度も高く、キャリアに到達するまでのステップがあることで、どのように成長すべきかわかるのも魅力のひとつでしょう。企業の魅力を増やして、優秀な人材が辞めるのを防いでください。

また優秀な人材に長く働いてもらうには、企業として健康面のサポートをしておくことも大事です。福利厚生も充実させて、従業員の心身のケアに努めましょう。

フィットネスの利用補助や社員食堂の新設など、福利厚生にもさまざまなやり方があります。なかでもおすすめなのは、酸素カプセルです。

酸素カプセルは高圧環境下で高濃度の酸素を摂取する、いま話題の健康器具です。短時間で誰でも気軽にリフレッシュできるため、従業員の福利厚生の一環で、オフィスに導入する企業が増えています。

休憩時間を有効活用すれば、しっかりと休息がとれて、集中力が途切れません。従業員のモチベーションアップにも、企業の生産性向上にも貢献するでしょう。

タイムワールドなら酸素カプセルの種類が豊富で、オフィスのスペースや、企業の使い方にあわせて選べます。レンタルプランを活用すればお得に導入できるため、導入を検討するのであれば、ぜひタイムワールドに相談してみるといいでしょう。

目次へ

まとめ

優秀な社員を採用してもすぐに辞めるのでは、コストも苦労も無駄になってしまいます。

人材の流出は、労働環境の見直しで防げます。酸素カプセルなどの福利厚生も充実させて、優秀な人材を長く確保することを目指しましょう。

目次へ