Latest Posts新着記事

最近、よく耳にする酸素カプセルですが機械的にはどのくらいの年数持つのでしょうか。福利厚生などの一環で会社に導入する場合は、耐用年数の確認が欠かせませんね。 今回は酸素カプセルの耐用年数を含めた選び方のポイントについて解説していきます。

酸素カプセルを導入するなら、安全のためにも最適な摂取量を理解しておきましょう。気圧の調整もでき、無理なく利用ができますよ。 今回は、酸素カプセルの魅力や摂取量の目安、利用の頻度なども詳しく解説していきます。

働き方改革が進められ、社員の福利厚生や職場環境の改善について、より一層の企業努力が求められる時代になりました。さまざまな企業が社員に気持ちよく働いてもらうための工夫を行うなか、最近トレンドとなっているのが酸素カプセル。 酸素カプセルと聞くと、人が1人は入れるような小さなカプセルを想像する人が多いかもしれませんが、実は最近の酸素カプセルには、ボックス型のものもあり、休憩室や会議室として使うなど非常に使い勝手がよくなっているのです。 今回は酸素カプセルを会議室として使う方法とメリットについてご紹介します。

普段生活している中で酸素カプセルに入る機会はそれほど多くないでしょう。そこでいざ酸素カプセルに入ろうとなると、どんな服装が良いのか悩むこともあります。この記事では、酸素カプセルに入る際の適切な服に関して解説していきます。

最近、リラクゼーション施設などでもよく見かけるようになった酸素カプセル。興味はあるけれど詳しいことがわからない、メリットや使いごこちが気になる、という方が多いのではないかと思います。今回は酸素カプセルのメリットや評判を詳しくご紹介いたします。

酸素カプセルを利用する際に、持ち込みは可能なのでしょうか?酸素カプセルには30~60分ほど入るため、利用中はただ寝ているだけでなく、時間を潰すために持ち込みをしたいと考える人もいるでしょう。ここでは、持ち込み可能なもの、禁止のものを解説します。

酸素カプセルは、効率良く全身に酸素を巡らせるために、装置内で気圧を変化させています。そのため、快適かつ安全な利用には、耳抜きを覚えておかなくてはなりません。 スキューバダイビングなどの経験がある方は、普段行っている耳抜きを実践するだけで十分です。しかし、耳抜きをする機会のない方の中には、具体的な方法が分からない方も多いのではないでしょうか。 ここでは、主流である3つの耳抜きの方法と、耳抜きがスムーズにできなかった場合の対処法や事前にできる対策についてご紹介します。

酸素カプセルは1度利用しただけでも、多くの酸素を取り込むことができます。 そのため、普段から酸素不足状態におちいっている方は、1度の利用でリフレッシュを実感できるでしょう。 もちろん、継続して利用することによってリフレッシュや作業効率アップなど、多くのメリットを日常的に得ることも可能です。 ここでは、酸素カプセルのおすすめの利用頻度や、正しく活用するための注意点についてご紹介します。

高濃度の酸素が充満した環境に身をおく酸素カプセルは、使用時間で迷う方も多いのではないでしょうか。 短時間の利用で意味があるのか、長時間の利用は問題ないのか、今回は酸素カプセルの利用時間についてご紹介します。 「うっかり寝入ってしまった場合に、夜眠れなくなるリスクはないのか」についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。