健康経営で生産性アップ!オフィスで取り入れるには?

健康経営の取り組みの一環として、健康経営オフィスを導入する企業が増えています。従業員の健康をサポートできるオフィスを作ることで、生産性の向上も期待できるでしょう。 今回は健康経営オフィスの趣旨や、取り組み事例、おすすめの対策を解説していきます。


この記事は約7分で読み終わります。

健康経営オフィスとは

最初に、健康経営オフィスの定義や趣旨を解説していきましょう。

近年の日本の社会では、働き方改革の一環として、健康経営への取り組みが注目を集めています。政府も推奨している政策ですが、成果を上げるためにも、健康経営オフィスがどのような役割を担っているのか、正しく理解しておく必要があります。

健康経営オフィスの考え方

経済産業省の定義によると、「健康経営オフィス」とは、「健康を保持・増進する行動を誘発することで、働く人の心身の調和と活力の向上を図り、一人ひとりがパフォーマンスを最大限に発揮できる場のこと」とされています。

出典:経済産業省「健康経営オフィスレポート」

そもそも健康経営とは、従業員を企業の大事な財産として捉え、企業には従業員一人ひとりの健康管理に配意する義務があるという考え方です。しかしここでいう健康とは、単に病気ではない状態を指すものではありません。WHOでは、身体的・精神的・社会的にも、完全に良好な状態であることが健康であると規定しています。

つまり健康経営オフィスを分かりやすく噛み砕いて表現すれば、企業のサポートのもとで従業員の病気を予防し、仕事もプライベートも充実した活気あふれる健康的なオフィス環境のことだということが分かります。オフィス作りの視点で企業が従業員への健康投資を行い、生産性や株価の向上を目指すという考え方ですね。

健康経営オフィスは健康経営において目指すべき理想の職場です。そのため、企業の健康経営の質の評価をする取り組みのひとつとして位置付けられています。

健康経営オフィスに取り入れたい7つの行動

健康経営オフィスを作るときに取り入れたいポイントは、次の7つです。オフィスは従業員が長い時間を過ごす場所であり、仕事以外にも、さまざまな活動をしながら過ごします。

理想とするのは調和がとれた、従業員が健康でイキイキと働ける職場です。事務機器の種類やレイアウト、内装や設備、利用のルール作りなどにも配慮して、オフィスの環境を整えましょう。

1. 快適性を感じる

心地よく過ごせる空間を作ることで、運動器・感覚器障害予防や、メンタルヘルスの不調を防ぐ

2. コミュニケーションをする

従業員同士が触れ合う場を作ることで、メンタルヘルスの不調や心身症を予防・改善する

3. 休憩・気分転換する

休息に適した施設やルールを作ることで、運動器・感覚器障害の予防やメンタルヘルス不調を防ぐ

4. 体を動かす

従業員が体を動かす場を設けることで、運動器・感覚器の障害や、生活習慣病の予防と改善を図る

5. 適切な食行動をする

従業員の健康的な食生活をサポートし、生活習慣病の予防や改善を図る

6. 清潔にする

公衆衛生環境を整えることで、感染症やアレルギーリスクを防ぐ

7. 健康意識を高める

従業員の健康管理をサポートして、各種心身の不調の予防や改善を図る

目次へ

健康経営オフィスの事例

健康経営オフィス作りの具体的な事例をご紹介していきましょう。導入の参考にしてみてください。

成功のポイントは、従業員のニーズに合ったオフィスを作ることです。従業員が求めているものや、どんな部分に不満を感じているかをリサーチして、取り組みやすいものから始めたらいかがでしょうか。

運動不足の改善

運動不足の改善は、健康経営オフィス作りでも人気がある対策です。

オフィスへの出張フィットネスの導入や、法人プランで従業員のジムの利用をサポートするといった福利厚生を取り入れる企業も増えています。IoTを活用して活動計測アプリで運動量の数値化をはかり、従業員の自発的な運動を実現させた事例もあるため、見習いたいところですよね。

忙しい現代人にとって、運動不足による健康リスクは深刻な問題です。運動不足を改善するオフィス作りは従業員の関心も高く、メタボリックシンドロームの改善や生活習慣病の予防など目に見える効果が得られるため、満足度が高いといえるでしょう。

食生活の改善

食生活に関する改善も、健康経営オフィス作りでおすすめです。食育セミナーの実施や食堂の整備など、食事を通して従業員のコミュニケーションを円滑にする場を設けましょう。

仕事が忙しく、食生活が乱れて健康を害する従業員も多いため、オフィスへの食事デリバリーや、朝食提供サービスもおすすめです。食事のために外出する手間がかからなくなり、仕事の効率が向上したという嬉しい声も寄せられています。

食生活に関する改善は従業員が進んで参加しやすく、特に女性の多い職場で人気があります。

快適なオフィスづくり

オフィスは従業員が長い時間を過ごす場所ですから、快適な環境作りは重要ですね。

心地よい空間を演出するために、社内BGMを流す、香りやアロマを導入する企業が増えています。聴覚は集中アップに、嗅覚はリラックスに効果的なので、ストレスをやわらげ、業績向上にも役立ちますよ。

また近年では、睡眠・昼寝スペースの導入も健康経営オフィスの取り組みで注目されています。ひと昔前は職場で休憩を取るのはとんでもないと思われていましたが、短時間睡眠はリフレッシュ効果が高く、集中力が向上して業務効率が良くなるとわかってきたため、パワーナップを積極的に導入する企業が増えています。

目次へ

健康経営をオフィスで実現するなら酸素カプセル

健康経営をオフィスで実現するなら、タイムワールドの酸素カプセルを検討してみてはいかがでしょうか。

「酸素カプセル」とは、高圧環境下で高濃度酸素を効率的に体に補給できる、最新の健康器具です。病院やエステなどでも導入されていて、短時間の利用でリフレッシュができ、集中力アップにも期待できるとの定評があります。

酸素カプセルをオフィスに導入するメリットは、従業員の休憩や仕事の気分転換に役立つことでしょう。空間を密閉する酸素カプセルの中にいることで、仕事の疲れやストレスを気軽にリフレッシュできます。

そのうえ酸素カプセルは年齢や性別を問わず、誰でも利用が簡単です。ジムや運動機器のように、体への負担や疲れることもありません。仕事の服のまま利用でき、手間がかからないのも嬉しいポイントです。カプセル内で睡眠をとるなど、仮眠室代わりにも使えて便利です。

また酸素カプセルは世界的なアスリートが、体調管理やリフレッシュに活用していることでも有名です。話題性もあり、健康経営オフィスに活用することで、「従業員を大切にする企業」としてものブランディング効果も期待できます。

酸素カプセルは一人用のカプセル型が主流ですが、タイムワールドならボックス型などもあって、バリエーションが豊富です。オフィスの設置スペースによるものの、複数の従業員が一度に利用できるボックス型なら効率が良く、ミーティングや会議室代わりにも使えるため、従業員同士がコミュニケーションをとる場所としても活用できて無駄がありません。

酸素カプセルを作っているメーカーはいくつかありますが、タイムワールドなら酸素カプセルをレンタルで利用可能です。初期投資を抑えて、賢くオフィスに導入できるのは、企業にとっても大きなメリットといえるでしょう。

酸素カプセルは健康経営オフィスの取り組みに悩んでいるときに最適です。酸素カプセルの導入を検討中なら、お気軽にタイムワールドにご相談ください。

目次へ

まとめ

健康経営オフィスが実現すると、従業員が健康で、イキイキと働くことができるようになります。ぜひ理想のオフィスを作りましょう。

具体的な企業の導入事例やおすすめも参考に、前向きにオフィス作りに取り組むことをおすすめします。

目次へ