酸素カプセルでは寝るのが正しい?酸素カプセルで体感できること

酸素カプセルはリラックスできますが、中で寝るのは問題ないのでしょうか? こちらでは酸素カプセルで体感できることやカプセル内の過ごし方、使い方の注意点や、耳抜きなどの不安を解消する方法を解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

酸素カプセル内の過ごし方で正しいのは?

始めて酸素カプセルを利用する人のために、カプセル内での過ごし方や使い方の注意点をご紹介していきます。

酸素カプセルはエステや医療機関などでも導入されている健康器具ですが、中で寝ると良い効果が得られないのではと心配する人は多いです。効率よく効果を体感するために、最適な利用時間や頻度も理解しておきましょう。

酸素カプセル内の過ごし方

酸素カプセル内の過ごし方にはこれといったルールはなく、自由に過ごすことができます。本を読む人もいれば、お気に入りお音楽を楽しむ人もいますし、もちろん眠ってしまっても問題ありません。リラックスしながら体に高濃度酸素を取り組むほうが、効率的です。

酸素カプセルの内部の構造はメーカーやモデルによってさまざまですが、基本的に人間一人が入ってのんびり過ごせる、充分なスペースが確保されています。照明なども完備されていて自室にいるようにくつろぐことができますから、あなたも好みのスタイルで過ごすといいでしょう。

ただし酸素カプセルは内部の気圧が高くなる密封構造なので、飲食物やライター、スプレー缶といった持ち込みできない物品があります。使い方にも制限があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

酸素カプセルに入る目安時間

酸素カプセル内での過ごし方だけでなく、利用時間や頻度にも配慮が必要です。酸素カプセルの利用時間は最短30分から、最長90分とさまざま。初めて利用する人は、まず60分利用を目安にするといいでしょう。

酸素カプセルは短時間利用するだけでも、長時間の睡眠をとったときに相当するリフレッシュ効果が得られます。取り込んだ酸素は毛細血管の先まで入り込み、72時間は効果が持続するといわれていますが、人間が取り込める酸素の量には限界があるため、やりすぎてもそれ以上の効果は得られません

酸素カプセルは仕事や家事などに無理のない範囲で利用しましょう。常にリフレッシュ状態を維持するためには、1回60分程度を目安に、週2回程度のペースで継続するのがおすすめです。

目次へ

酸素カプセルで寝ると不安なこと

酸素カプセル内で寝るとき、何かと不安を感じることは多いもの。よくある、寝がえりや耳抜きに対する不安への対処法をご紹介していきましょう。

利用中は気圧がかかって密封されますが、窓があって内部が見える構造になっていて、外のスタッフとは意思疎通ができます。使う人にあわせて気圧の調整をすることもできるため、不安がある場合はあらかじめスタッフに相談をしておくと安心です。

酸素カプセル内での寝返り

寝ている間に無意識に大きく寝返りを打つなど、自分の寝相の悪さを気にする人は多いでしょう。酸素カプセルの内部の広さはメーカーや機種によって違うものの、一般的に大柄な男性でも、充分に寝返りが打てるだけのスペースを備えています。

カプセル内の狭さを気にする心配はいりません。寝返りは血流の停滞や筋肉のコリを防ぎ、熟睡するのに欠かせませんから、酸素カプセル内でも遠慮なく寝がえりをして大丈夫です。

酸素カプセルは靴を脱ぎ、着てきた服はそのままで利用できます。狭い場所が苦手な人や、初めての利用で不安が大きい場合は一度中に入ってみて、広さを確認しておくといいでしょう。

耳抜き

酸素カプセルは高濃度酸素を浸透させるために徐々に内部の気圧が上がる構造になっていて、気圧変化で耳に違和感が生じて慌ててしまう人は多いです。酸素カプセルに入ってしばらくすると耳が痛くなってくるため、必要に応じて「耳抜き」をする必要があります。

酸素カプセル内で耳が痛くなるのは、ドライブ中にトンネルに出入りした時や、エレベーターで急上昇した時と同じです。違和感があったら口を閉じて鼻から耳へ空気を送り込むか、鼻をつまんで唾をのみ込めば、簡単に耳抜きができるので試してみてください。

上手に耳抜きができない人の場合は飴などを舐めながら酸素カプセルに入れば、耳の痛みが自然と緩和されます。基本的に内部での飲食は禁止ですが、飴やガムなら認めている酸素カプセルも多いため、耳抜きが苦手な人はスタッフに相談してみるといいでしょう。

目次へ

酸素カプセルで体感できること

酸素カプセルを利用することで体感できることをご紹介していきましょう。活性酸素が老化を早める危険性も指摘されていますが、酸素カプセルには活性酸素の悪影響や、寿命が縮むといった危険性のある副作用は報告されていません。

酸素は本来、エネルギーを生み出すのに欠かせないもの。酸素カプセルを継続して利用することで体が元気になり、さまざまなストレスに打ち勝つ体を作る、現代人にとっての強い味方になってくれます。

疲労回復

酸素カプセルに入って一番実感しやすいのは、疲労からの回復でしょう。酸素カプセルを使うと普段の呼吸ではなかなか届きにくい肺の隅々にまで酸素がいきわたり、血流が促進されて、疲労やダメージからの回復が体感できます。

倦怠感やダルさなどの疲労は、筋肉等にたまった乳酸が原因で引き起こされますが、高濃度酸素が体中に浸透すれば乳酸の分解・排出が促進。日常的な疲労からの回復も早まります。

睡眠不足解消

酸素カプセル内部は落ち着く環境にデザインされていて、高濃度酸素の効果で脳の血流が増えることでリラックスでき、熟睡を誘います。酸素カプセルを1時間利用した睡眠時間は、平常時の約3時間に相当。短時間の利用でも、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

酸素カプセル内でリラックスして寝ることができると、イライラやダルさもスッキリすると好評です。継続して利用すると日常でも寝つきが良くなり、睡眠不足の解消に貢献します。

集中力アップ

酸素カプセルの利用は集中力や、やる気アップにも効果的です。脳は体の中でも特に酸素を必要とする部位。大量の酸素がないと脳は活動を維持できず、絶え間ない眠気や原因不明の無気力感を引き起こします。

気圧をかけて効率よく高濃度酸素を浸透させれば、脳内はスッキリ。記憶力アップもサポートして、仕事などの効率も上がると評判です。

二日酔い予防・防止

酸素カプセルを使って、二日酔いの頭痛や気分の悪さから解放されたと感じる人は多いです。実は酸素は、アルコール分解に欠かせない物質。お酒を飲むとアルコール分は肝臓でアセトアルデヒトに分解されて体外に排出されますが、酸素が不足するといつまでたってもアルコールが抜けず、体調が良くなりません。

酸素カプセルを利用すれば通常の呼吸ではなかなか難しい肝臓の細部まで高濃度酸素をいきわたらせることができ、アセトアルデヒドの排出を促して二日酔いの症状を改善。肝機能や日頃の血中酸素濃度も向上するため、二日酔いを防ぐのにも最適です。

美容に

酸素カプセルを利用した後に肌の調子が良くなるなど、美容にも良い影響があると感じる人は多いです。なぜなら高濃度酸素が体に浸透すると、皮膚の毛細血管の隅々にまで酸素がいきわたり、肌細胞の新陳代謝が促されるから。

血行が促進されることで顔色も良くなり、見た目の印象も変わります。酸素は真皮層のコラーゲンの生成も助けるため、肌にハリや潤いが戻って、化粧の乗りが良くなると女性から好評です。

目次へ

まとめ

酸素カプセルは芸能人が美容のために利用し、世界的なアスリートが疲労回復やモチベーションアップに活用していることでも有名です。

中に入って寝るだけと利用方法も簡単なので、あなたもぜひ試してみてください。

目次へ