リフレッシュルームは職場に不可欠?導入するメリットとは

社内の業務効率化を図るには、しっかりと休憩を取ることが大切です。しかし、なかには忙しくて社員が全く休憩を取らないといった課題を抱えている企業も多いでしょう。そんなときは、オフィスにリフレッシュルームを設けることを検討してみてはいかがでしょうか。社員の疲労軽減やコミュニケーションの活性化に役立つなど、メリット満載です。 今回はリフレッシュルームの必要性について解説しながら、導入のポイントを紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

なぜリフレッシュルームが重要視されているのか

いま企業経営者に注目されているリフレッシュルームについて、必要性も含めて詳しく解説していきましょう。

社員がなかなか定着しない、業績が伸び悩んでいるなどの企業経営でありがちな悩みは、リフレッシュルームの導入で改善できる可能性があります。

リフレッシュルームとは

リフレッシュルームとはその名のとおり、「休憩室」のことです。

社員の疲労ケアができる場所、就業時間中にちょっとした気分転換に活用できるスペースと考えれば良いでしょう。しかし、単に社員が仕事中に休むだけの空間ではありません。

休憩をとるほかラフなミーティングにも使えるなど、リフレッシュルームは多目的に使える空間です。そのため一般的な食堂だけでなく、ソファスペースに昼寝スペース、ドリンクスペースにカフェスタイルと、さまざまなデザインが提案されています。

執務室や作業スペースと組み合わせて社員の休憩スペースを作ることは、オフィス設計で欠かせません。リフレッシュルームなら企業のオフィス事情や使い方にあわせて、自由な設計ができると人気があります。

注目されている理由

リフレッシュルームの注目度が高いのは、ストレスの蓄積や緊張状態の継続を防ぐ効果があると言われているからです。

社員が自分に一番適した方法でリラックスすることでより疲労を軽減し、しっかりストレス発散ができるため、メンタルケアに最適です。

また、リフレッシュルームは業務の効率化にも貢献します。しっかり休息を取れば社員の集中力が長続きし、業績向上や生産性アップにつながることはいうまでもありません。

汎用性・話題性ともに高いのも、注目されている理由でしょう。近年は大手を中心に、斬新なリフレッシュルームを導入する企業が増えています。

目次へ

リフレッシュルームを導入することによるメリット

それでは、オフィスにリフレッシュルームを導入するメリットを紹介していきましょう。

ここで紹介しているもの以外にも、リフレッシュルームはメリットがたくさんあります。ぜひオフィスへの導入を検討してみてください。

社員のリフレッシュ・リラックスになる

リフレッシュルームの最大のメリットは社員が効率良くリフレッシュできることです。

どんなに好きな仕事でも、適度に休憩を挟まないと集中力が続きません。ミスが増える前に一息つくと頭がすっきりし、やる気もアップします。

またリフレッシュルームはオフィスの快適性を高め、従業員の満足度が向上する効果も期待できます。社員の離職を防ぎ、安定した人材確保につながるでしょう。

部署を超えたコミュニケーションが活発化する

リフレッシュルームは社員同士の交流の場になり、部署を超えてコミュニケーションを活性化させる効果があります。型にはまらない自由度の高さは多くの社員を引き付け、良いオフィスのムードを作り出します。

異なる部署の社員が交流する中で、新しいアイデアが生まれるのも魅力でしょう。リフレッシュルームは企業の持続的な発展に役立ちます。

企業の生産性や価値が上がる

企業の生産性や価値を向上させるのも、リフレッシュルームのメリットのひとつです。

オン・オフをつけて効率良く働けば、社員は最大のパフォーマンスを発揮でき、業績アップに貢献します。

リフレッシュルームは話題性が高く、企業のブランディングに役立つのも魅力でしょう。独自色の強い施設を作れば企業の社風やカラーをアピールしやすく、福利厚生が充実していることをまわりに示すことができるため、採用活動での大きな強みになります。

目次へ

効果的なリフレッシュルームを導入する際の考え方

オフィスにリフレッシュルームを効果的に導入するポイントを紹介していきましょう。

リフレッシュルームのような福利厚生は、多くの従業員が利用することで成果につながります。いくら流行りでも、社内のニーズに合っていなければ利用率は向上しません。

費用や手間を無駄にしないためにも、リフレッシュルーム作りは、企業ならではの用途や目的意識を盛り込んで設計することが大切です。ぜひ社員が利用しやすい施設を整えて、効果的な運用を目指してください。

用途を決める

リフレッシュルームをオフィスに導入する際は、事前に社員へアンケートを取るなどして、実際に使う人の意見を参考に方向性を決めると良いでしょう。

その次に、休憩スペースの使い方や目的を明確にします

休息や仮眠の場にするのか、食事を摂ることを重視するのか、それとも従業員の交流の場として活用するのかなど、用途によって設計は大きく変わってきます。

また30人いる従業員が一度に利用するのか、5人程度のローテーションで休憩をとるのかなど、人数や使い方によってリフレッシュルームの設置に必要な面積が変わってきます。執務室や作業スペースを圧迫しない範囲で、充分な広さのスペースをオフィスに確保しましょう。

動線・デザイン・レイアウトを検討する

次に社員が利用しやすい動線にあわせた設置場所やデザイン、設備のレイアウトを決めると良いでしょう。

全従業員を対象とする施設だからこそ、リフレッシュルームは社員が集まりやすい場所に作るのがベストです。より多くの社員が集まり、交流が活性化するデザインを目指してください。

社員専用にするのか、それとも得意先などの社外の人にも開放するのかどうかも、設計段階で話し合っておくと良いでしょう。企業のブランディングを兼ねるなら利便性を重視して社屋の入口付近に設置し、見栄え良く家具を配置して美観を整えることをおすすめします。

リフレッシュルームを多くの社員に利用してもらうポイントは、執務室と明確に違いをもたせることです。オン・オフの切り替えができるデザインで、利用を誘い掛けましょう。

ひとりでリラックスできる空間を目指しても、社員同士が自由に交流できる開放感を優先させてもかまいません。遊び心を重視する、眺めの良さが魅力の空間もおすすめです。仕事にメリハリがでて業績アップを実現する、素敵なデザインを考えてください。

リフレッシュ効果を高めるアイテムや設備を導入するのも選択肢のひとつです。コーヒーマシンや漫画、雑誌などがあれば気分転換がしやすくなり、ヘルスケア用品を併設すれば健康増進にも一役買うでしょう。

タイムワールドの酸素カプセルなら、そのままリフレッシュルームとしての活用もできて便利です。

酸素カプセルはリラックス効果が高く、短時間でのリフレッシュに最適です。高濃度酸素を体にとり入れると眼精疲労の早期回復、肩こりや腰痛を改善する嬉しい効果も期待できます。

タイムワールドは酸素カプセルの種類が豊富で、ボックス型ならミーティングルームや社員の交流の場としても役立ちます。レンタルでリーズナブルに導入できるため、リフレッシュルームの導入を検討中なら、どうぞお気軽にタイムワールドへご相談ください。

目次へ

まとめ

オフィスの改善を検討中なら、リフレッシュルームの導入が効果的です。社員にしっかりリフレッシュしてもらうことで、生産性向上を目指しましょう。

酸素カプセルなどの健康器具も上手に活用して、素敵な休憩スペースを整えてください。

目次へ