デスクワークで集中力が続かないのはなぜ?集中するためのポイント4つ

デスクワークで集中力を維持できないと、だんだん作業効率が落ちてしまいます。企業の生産性が低下してしまうリスクもあるため、早めに対処することが必要です。 デスクワーク中に集中力が続かない原因を解説しながら、社員の集中力を維持するポイントもご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

デスクワークで集中力が続かない原因

最初に、デスクワークで集中力が続かない原因を解説します。

デスクワーク中に社員の集中力がきれるとミスが増え、仕事のクオリティが下がります。また、ひとつの作業に時間がかかると残業が増えてしまうため、企業のコストパフォーマンスを低下させることにもつながります。

社員の集中力が落ちていると感じたら、集中力が続かない原因がないか、オフィスで改善すべき点はないか探してみるようにしましょう。

環境音がうるさい

デスクワークに集中できない原因でまず考えられるのは、オフィスの環境音がうるさいことです。同僚がひっきりなしにおしゃべりをしている、上司の怒鳴り声が大きいときは、集中力が続きません。

オフィスの外の環境音にも注目しましょう。近隣で道路工事などが行われている、オフィスが車の通りが多い道路に面しているなど、窓から聞こえてくる騒音で社員の集中力が途切れるケースは多いです。

仕事量が多すぎる

仕事の適量は個人差が大きく、与えられた仕事量が多すぎると焦ってしてしまい、デスクワーク中に集中力が途切れる原因になります。

ほど良い量の仕事はやる気の原動力になるものの、能力に比較して与えられた量が多すぎると面倒に感じてしまい、集中力が続きません。一生懸命取り組んでも終わらないと感じると、仕事に対するモチベーションも低下しがちです。

ストレスで精神的に不安定になっている

ストレスで精神的に不安定になっていると、集中力が長続きしないことが多いです。

失敗を恐れる気持ちや仕事に対する不安は、社員の集中力に良くない影響を及ぼします。気にかかることがあると集中できず、仕事に身が入りません。

イライラすると注意力散漫になるのも、集中力が続かない一因でしょう。精神的に不安定だと業務効率が落ち、だらだらと残業になりやすい傾向があります。

睡眠不足による眠気

睡眠不足による眠気も、デスクワーク中に集中力が欠ける原因のひとつです。眠気でうとうとしているようでは、当然仕事が進みません。

眠気で集中力が途切れると判断力が鈍くなり、ぼーっとしがちです。社員のデスクワーク中の眠気は作業効率を低下させ、ミスにつながりやすいため、企業としても対策が必要です。

目次へ

デスクワークで集中力を持続させるには

ここでは、デスクワークで集中力を持続させるポイントを4つ紹介します。

社員の集中力を維持するポイントは、デスクワークに集中できるオフィス環境を作ることです。残念ながら、人間の集中力はそう長くは続きません。その集中力ができるだけ長引くよう、企業として工夫をしてみてください。

集中を妨げているものを減らす

社員の集中力を維持するためには、デスクワーク中に集中を妨げるものをオフィスから排除することが大切です。

社員が環境音を気にしているなら、雑音を遮断できる耳栓の使用を推奨しましょう。イヤホンなどを使って音楽を聴くのも、集中力アップにつながります。

パソコンのメールやファックスの受信音も、うるさくない範囲に調整してください。オフィスの外から騒音が入り込む場合は、防音ガラスに変えるなどの遮音対策をおすすめします。

同僚のおしゃべりなどの騒音は、社員間ではなかなか言い出しにくいのがネックです。問題提起したいことやストレス、心配ごとがある場合は、上司や職場内で相談しあえる環境作りもしておくと良いでしょう。

やるべき仕事を紙に書く

集中力の維持にはやるべき仕事を紙に書いて、見やすい場所に貼っておくのが効果的です。特に仕事量が多くてやる気が出ないとき、手間のかかる仕事を克服するときに役立つため、仕事に不慣れな新人や事務作業にストレスを感じている社員におすすめです。

やるべき仕事をメモに書き出すと、タスクが常に目に触れることで、モチベーションがアップします。仕事が終わったら一枚ずつ外していくと達成感があり、仕事をする喜びにもつながるでしょう。

やるべき仕事がいくつかあるときは優先順位をつけ、メモを順に並べておくと仕事がスムーズに進み、集中力が途切れません。社員に一日が始まる前にやるべき仕事の整理をさせ、デスクワーク中の混乱をさけるよう指導しましょう。

座りっぱなしにならないようにする

集中力が途切れて仕事の効率を落とさないためには、社員が座りっぱなしにならないように喚起することも重要です。

長時間机に座って同じ姿勢を続けていると、血流が停滞して筋肉がこわばり、疲れが溜まりやすくなります。疲れは眠気を呼び、集中力を途切れさせるため、座りっぱなしにさせないように努めましょう。

たとえば、デスクワーク中でも定期的に立ち上がり、姿勢を変えて、こまめに体を動かすことをオフィスで呼びかけます。適度にトイレ休憩を取らせるか、コピーやファイル整理を挟むルーチンを作ると、無理なく体を動かせます。

オフィスでストレッチを推奨するのもおすすめです。軽く筋肉を引き延ばすと体のコリがほぐれ、血行の促進につながるので、社員の集中力アップが期待できます。

仮眠を取る

デスクワーク中の集中力を保つために、社員に仮眠をとらせるのも賢い方法です。

就業時間中を通して無理なく集中力を維持したいと考えるなら、お昼休みなどを活用して、10~20分ほどの短時間の仮眠を取ることを職場の習慣にすると良いでしょう。短時間の睡眠は頭を休ませる時間になるので疲れが溜まりにくく、仕事を続けるのが楽になります。

ただし眠いからといって、長い時間仮眠を取るのはおすすめできません。かえって眠気が取れず、集中力が続かなくなります。オフィスでの仮眠は、あくまでも短時間を心掛けてください。

オフィスでの短時間の仮眠は、「パワーナップ」と呼ばれていて、大手企業でも取り入れています。福利厚生の一環で仮眠室を設置する企業も増えているため、仮眠できるような環境や設備を整えることも検討しましょう。

タイムワールドの酸素カプセルなら利用時に仮眠もできるため、集中力の維持や社員の健康増進、生産性の向上に期待できます。

酸素カプセルとは、高圧環境下で高圧酸素を体に取り入れる、最新の健康器具です。酸素カプセルを設置しているエステや病院は多く、最近は福利厚生の一環として、オフィスに設置する企業が増えています。

酸素カプセルの魅力は、誰でも気軽に利用できることでしょう。同じ健康増進目的でも、ジムやフィットネスを利用するときのように、着替える必要はありません。お昼休みなどの短期間であっても、酸素カプセルの中で過ごすだけで仕事の疲れをリフレッシュできる優れものです。

もちろんカプセルの中で眠ってしまっても構いません。密閉された空間でリラックスもできます。

酸素カプセルにはいくつかの種類があるものの、タイムワールドなら一人用のカプセル型から複数人で利用できるボックス型まで、商品のバリエーションが豊富です。オフィスのスペースにあわせて置き方を選べて、レンタルで費用を安く抑えて導入できるため、企業の福利厚生に最適です。

デスクワーク中の集中力維持には、酸素カプセルがおすすめです。デスクワーク中の社員の集中力低下が気になるとき、新しい福利厚生の取り組みを検討中なら、どうぞお気軽にタイムワールドへご相談ください。

目次へ

まとめ

デスクワークは数ある仕事のなかでも、集中力が必要な仕事といえます。生産性を維持するためにも、社員の集中力が途切れないように工夫を凝らしましょう。

酸素カプセルなどの便利な機械も活用して、社員が元気に働ける、活力あるオフィスを作ることをおすすめします。

目次へ