成功している企業から学ぶ!健康経営の事例をご紹介

健康経営で業績をあげたくても、なかなか導入に踏み切れない企業は多いです。実際の事例を知って、社員の満足度があがるものを選びたいですね。 今回は健康経営の取組事例を紹介しながら、健康経営に成功する企業の共通点や導入のポイントを解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

健康経営の主な事例

健康経営の主な事例を、具体的にご紹介していきましょう。

健康経営とは、わかりやすく説明すると、社員の健康管理を企業が戦略的に取り組む経営戦略です。一昔前は個人の責任とされていましたが、いまや社員の健康管理は企業が積極的に取り組むべき義務とみなされていて、多くの企業が対策を行っています。

ポイント制で従業員の健康意識をUP

健康への取り組みを効率よく社員に浸透するのにおすすめなのが、ポイント制の活用です。

これは禁煙や摂食、運動など、企業で推奨される健康に関する取り組みを行ったときにポイントを付与していく制度で、誰でも簡単に取り組めるのが魅力です。ポイントに応じた特典や商品を付与することで社員のやる気をバックアップし、自ら健康維持に取り組めるように促すことができますよ。

健康管理は企業の義務とはいえ、そもそも本人がその気にならないと、思うような結果は得られません。ポイント制は取り組み結果を見える化することで、社員に健康意識を持たせる画期的なシステムです。

厳しいペナルティを設定すれば、社員の健康診断の受診率100%も夢じゃありません。ポイント制は生活習慣病やメタボリックシンドローム対策だけでなく、男性社員の育児休暇取得推進にも効果的です。

健康に関する教育を実施、残業時間の短縮に成功

健康経営の取り組みの一環で、企業がセッティングして、社員に健康に関する教育を行うケースも多いです。

健康ポータルなどの情報提供をこまめに発信し、医師や保健師などの健康のプロを招いて講習会を行うと、自然と社員の健康意識が向上します。健康に関する情報だけでなく、問題点を放置するリスクなども詳しく教育していけば、生活習慣の改善や残業時間の自発的な短縮がスムーズに進むでしょう。

健康教育を効果的に浸透させるポイントは、トップ自らが主体となって行い、健康経営が企業の課題であることを社員に体感させることです。教育は繰り返し行うことが大事ですから、年6回程度は定期的に行って、意識向上と自発的な取り組みを目指すことをおすすめします。

目次へ

健康経営に成功している企業の共通点

健康経営に成功している企業に共通する、特徴をご紹介していきます。

健康経営は政府も推進していて、企業が取り組むべき重要課題ですが、必ずしも取り組みが成功するとは限りません。実際に健康経営に成功している企業の事例から、自分たちの現状をどう改善すべきなのか、考えてみるといいでしょう。

全社一丸となって取り組んでいる

健康経営の取り組みに成功している企業の共通点として、経営者も社員も、全社一丸となって取り組んでいることがあげられます。

会社の経営戦略はトップが主導するのはもちろんのこと、社員の協力がなくては成しえません。実際に健康経営の重要性を社員に対して告知して理解を求め、適切な情報発信をこまめに行っている企業ほど、健康経営の取り組みの成果が上がっています。

健康経営に成功している企業の場合は、経営者側がその重要性をしっかりと受け止め、社員の健康管理を主導する強い姿勢を打ち出しています。社員が積極的に取り組む姿勢を示すのも、こういったトップのメッセージ性を受けてのことでしょう。

また健康経営に成功している企業では、早い段階で社内の各部署から担当者を募り、実行力のある組織体制を構築しています。社員の参加を促すには、ただ戦略を押し付けるだけでは良い効果は得られません。

しっかりとした組織体制ができていれば、経営者も社員の意見を聞くことができ、より効果的で実効性の高い取り組みが目指せます。社員としても満足度が高いからこそ、全社一丸となった取り組みができるといえるでしょう。

現状の課題を把握している

健康経営の取り組みに成功している企業の共通点としてもうひとつ、企業が抱える現状の課題を正確に把握して対処できるといった特徴もあげられます。

企業の戦略を成功させるのに、分析力と計画力は欠かせません。長時間労働が多いのか、病気による人員不足が起きているのかなど、企業が抱える健康課題は多種多様で、企業が現状でどんな課題を抱えているのかを冷静に分析することは、取り組みを計画するうえで必要不可欠です。

また健康経営を成功している企業の多くは、社員が職場環境で、実際に何に対してどんな不満を感じているかを正確に把握に努め、問題解決のための最適な取り組みを計画して進めています。リアルな実情にあわせて対策を取るからこそ、社員も進んで健康管理に取り組みやすく、そのぶん良い成果があがるといえるでしょう。

目次へ

健康経営を導入する際のポイント

最後に一番重要な、健康経営を企業に導入さする際の注意点を解説していきましょう。

健康経営の取り組みには、時間も手間も、コストもかかります。次のポイントを守って失敗を回避し、効率よく導入することを心掛けてくださいね。

健康経営を社内外に発信する

健康経営を確実に導入するコツは、社員の健康管理や健康増進に企業を上げて取り組むことを、社内外にタイムリーに発信することです。経営理念の中に健康経営を明文化し、企業の成長ビジョンや広報、株式総会などの機会をとらえて通知しましょう。

社外への発信は、プレスリリースが効果的です。企業一丸となって社員の健康管理に取り組むことを正しく伝えて、実現に向けての確実な一歩を踏み出すことが大事ですよ。

PDCAを回す

健康経営は1回で終わるものではなく、継続していくことに意義がありますから、PDCAのメソッドを確実に回すことが成功につながります。

ここでいうPDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことで、業務の改善しながらより良いものに近づけていく戦略をさします。多くの企業で、業務改善の技法として使われていますよね。

健康経営を成功させるために、まずはどのような成果を目指すのか、目標を決めましょう。このときの目標は高すぎるものではなく、実現可能な範囲のものを選定するのがポイントです。

計画を立てて実行したら、結果がどうなったか測定し、フィードバックして次回につなげます。定期的にアンケートを行うと取り組みの効果がその都度評価でき、目標と照らし合わせて改善が進み、効率よく目標達成ができるでしょう。

健康経営の取り組みとしては、さまざまな手法がありますが、初めての導入で迷っているなら、タイムワールドの酸素カプセルがおすすめです。

酸素カプセルとは、高圧下で高濃度酸素を補給する健康器具です。気軽にリフレッシュや健康増進などに役立つため、病院やエステなどでも導入されています。ほかにも、健康経営の一環で職場に導入する企業が増えています。

酸素カプセルの魅力は、誰でも利用できて、短時間でも健康に良い効果が期待できることでしょう。ユニークで話題性もあり、企業が健康管理に取り組んでいることをアピールする格好の材料にもなって一石二鳥です。

タイムワールドでは省スペースで設置できるカプセル型から、大人数で利用できる会議室型まで、幅広い商品をラインナップしています。お試しでレンタルでも職場に導入できるため、健康管理の取り組み方にお悩みなら、一度相談してみることをおすすめします。

目次へ

まとめ

健康経営に成功すると社員が安心して働けるだけでなく、イメージアップや生産性の向上、優秀な人材確保がしやすくなるなど、企業にこそさまざまなメリットがあります。

成功企業の事例から学び、企業の健康経営への取り組みを成功させることを心掛けましょう。

目次へ