健康経営で生産性UP?!企業が健康経営をすべき理由

健康経営は、企業の生産性の向上に効果的です。新型コロナウィルスの影響で生産性の低下が気になる今だからこそ、ぜひ前向きに検討してみてください。 今回は健康経営で生産性が向上する理由や、効果的な取り組みについてご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

健康経営で生産性向上は見込めるのか?

最初に、健康経営に取り組むことが、企業の生産性を向上させる理由を解説していきます。

健康経営とは、企業が従業員の健康管理に積極的に取り組むことで、生産性の向上を目指す経営戦略です。企業にとって従業員の健康がいかに重要か、ここでしっかり理解をしておきましょう。

心身が不安定だと仕事に支障が出やすい

従業員の健康が企業の生産性に影響を与えるのは、従業員の心身が不安定だと安心して働くことができず、仕事にさまざまな支障が出やすいからです。

企業にとって、従業員は貴重な財産です。企業が販売する製品やサービスは、全て従業員の手によって作り出されているため、企業の生産性は従業員によって決まるといっても過言ではありません。

ただし人間の能力は、体調に大きく左右されます。体の調子が悪ければ仕事を休まざるを得ず、そのぶん業績が悪化するのは当然でしょう。また強いストレスにさらされ、心理的に抑圧されているとミスが増えるため、これも生産性の低下に拍車をかけます。

また従業員一人が体調を崩して休めばその負担が他の従業員にいき、過剰な負担を強いることで、別の従業員が健康を害する原因になりかねません。結局職場全体で体調不良が蔓延し、企業の業績が大きく落ち込みかねません。

社員の心身が安定していると業務効率が上がる

不健康だと業績が悪化するのに対して、従業員が心身ともに健康で安定していると、気力が充実し、業務効率が向上する傾向があります。仕事が楽しく、意欲的に働けることで、最大限のパフォーマンスを発揮できるのです。

健康で、安心して働ける職場は、誰にとっても理想的です。仕事へのモチベーションを長く維持することができ、良い成果へとつながります。また健康で生き生きと働けることで、心に余裕が生まれ、新しいアイデアが出やすくなるのも魅力でしょう。

業績が上がれば企業の知名度も高まり、優秀な人材が自然と集まってくるため、さらなる企業の発展が期待できます。

目次へ

健康経営で生産性を上げるための取り組み

健康経営で企業の生産性を上げる、おすすめの取り組み方をご紹介していきます。

健康経営では、従業員一人ひとりに健康意識を持たせることが生産性向上のキーポイントです。健康管理は企業の義務でも、従業員が自発的に健康増進に取り組めれば、企業の負担が減ります。生産性の向上が早く、目に見える形で現れますよ。

社員の健康状態を見える化する

健康管理で生産性向上を目指す早道は、従業員の健康状態を分かりやすく、見える化することです。これまでの健康診断のデータなどを本人にフィードバックして、健康への意識を啓発しましょう。

積極的な取り組みとしておすすめなのは、健康状態が計測できる機器を支給することです。血圧計や体重計などを使い、継続的にバイタルをチェックすることで、授業員の健康意識が高まります。

企業としても数値をチェックし、結果が思わしくない場合は積極的な受診を促しましょう。病気の早期発見にもおすすめです。

健康に関するセミナーやイベントへの参加

健康経営で従業員の健康意識を高める取り組みとしては、健康に関するセミナーやイベントを開催することです。健康管理のなかでも従業員に負担が少なく、受け入れやすい取り組みでしょう。健康に関する知識は専門性が高いため、産業医や外部講師と連携するなどの工夫をしてみてください。

セミナーやイベントの内容で重視すべきは、実際の生活の中で役立つ知識や、従業員の興味を引き付けるテーマを選ぶことです。社内に健康に関するノウハウを根付かせましょう。女性の多い職場であれば、食育やヨガなどの研修が人気です。コロナが広まって社会問題になっていることもあり、感染症対策なども関心が高く、多くの従業員の参加が期待できます。

健康に関するセミナー開催を継続していくことで、従業員のヘルスリテラシーが向上します。従業員全体が自発的に健康管理に取り組む、良いムードが職場内に生まれるでしょう。

目次へ

生産性の高い状態を維持するために企業ができること

最後に、健康経営を維持し、継続して生産性を高めるポイントをご紹介していきます。

健康経営に成功しても、油断してはいけません。企業や労働者を取り巻く環境は、常に変化しています。継続して健康経営に取り組むことで、生産性のレベルを維持することを心掛けましょう。

健康経営に適した環境を整える

継続して健康経営で生産性を維持するには、最初に企業の環境から整えておく必要があります。企業と従業員が一丸となって、健康管理に取り組める環境を作りましょう。

そのためにおすすめなのが、健康に関する方針や理念を明文化することです。企業の経営者側が押しつけるだけでは、従業員に健康意識は定着しません。社内報などを活用して、経営トップから従業員に対して健康管理の取り組みを周知して、参加を呼び掛けてみてください。

企業のトップが健康経営の重要性を伝えることで、従業員の意識が良い方向に変わります。いままで仕事の忙しさにかまけていた人や、遠慮をして制度を利用していなかった従業員も、安心して健康管理に取り組めるようになります。

理解が職場全体に広がればフォロー体制も整い、支援の幅も広がって、職場に良い循環が生まれます。従業員が病院を受診しやすくなることで、病気の早期発見にもつながるでしょう。

企業のホームページなどに、宣言文を掲載するのもおすすめです。社内だけでなく、取引先や投資者などへの良いアピールになることで、イメージアップやブランディングに期待が持てます。

制度を見直す

健康経営で生産性を維持し続けるには、常に取り組みや制度の見直しが必要です取り組みを始めて一定期間が経過したら効果の検証をし、評価をして、PDCAサイクルを回しましょう。

実際に効果が上がったかどうかは、制度の利用者数の調査や、従業員の定期検診などのデータから判断が可能です。効果をしっかり分析することで、従来の制度では社員の働き方を改善できるのか、改善点や次に取り組むべき健康経営課題があるのかが見えてきます。

最初に設定した目標をクリアしたときや、継続して取り組んでも思うような成果が得られないと判断した場合は、新しい制度への取り組みも検討しましょう。新しい健康経営の取り組みを探しているなら、オフィスへの酸素カプセルの導入がおすすめです。

酸素カプセルとは、高圧環境下で高濃度の酸素を摂取できる、最新の健康器具です。病院やエステなどにも導入されていて、密閉空間の中でリラックスして過ごすことで、短時間でもリフレッシュができますよ。集中力や仕事のモチベーションアップにも役立つため、健康経営の取り組みで導入する企業が増えています。

設置スペースはとるものの、酸素カプセルがオフィスにあると、インパクトが大きいのが魅力です。ユニークで話題性も高く、ブランディング効果も高いことから、新しい健康管理の取り組みにぴったりですね。

タイムワールドなら酸素カプセルの種類が豊富で、オフィスのスペースや使い方にあわせて選べます。初期費用を抑えたレンタルプランもあるため、どうぞお気軽にタイムワールドにご相談ください。

目次へ

まとめ

健康経営は企業の生産性アップに効果的ではあるものの、その効果は永遠ではありません。生産性を維持するには、工夫が必要です。

酸素カプセルなどの新しい取り組みにも目を向けて、従業員の健康管理を継続していくと良いでしょう。

目次へ